寺院

京都|醍醐寺|通常非公開の塔頭「理性院」特別公開みどころ紹介

第57回京の冬の旅・非公開文化財特別公開で、京都伏見にある醍醐寺の塔頭寺院である「理性院(りしょういん)」が、2023年1月7日から3月18日まで公開されています。

今回は、醍醐寺塔頭寺院「理性院」の見どころをご紹介します。

理性院(りしょういん)とは

理性院は、醍醐寺の僧「賢覚(けんがく)」によって平安時代に開かれた寺院で、真言宗醍醐派の別格本山です。

「三宝院」「金剛王院」「無量寿院」「報恩院」とともに「醍醐五門跡」のひとつに数えられていました。

創建当時は他の場所にあったのですが、応仁の乱で焼失、現在の建物は、江戸時代に再建されたものとなっています。

本堂には御本尊の「太元師明王(たいげんすいみょうおう)」がご安置されていますが、秘仏となっていて80年に一度御開帳されます。

客殿の障壁には、狩野探幽(かのうたんゆう)が、18歳の頃に描いたとされる障壁画「水墨山水図」があります。

理性院の見どころ

醍醐寺に参拝する場合、通常は総門から入り、三宝院から霊宝館、そして仁王門をくぐり、伽藍の金堂、五重塔、不動堂へと参拝していくのですが、理性院は仁王門の前を左に曲がったところに、ひっそりと佇んでいます。

理性院は、三宝院の北に隣接しているのですが、桜馬場に面していないため入り口は、少し分かりにくいです。

ちなみに、通常、三宝院と伽藍の参拝をする場合、総門を入ってすぐ左手にある拝観受付で拝観料を支払いますが、今回の京の冬の旅の理性院の特別拝観は、直接理性院で拝観受付になっていました。

拝観料は大人800円、公開時間は10:00〜16:30(16:00受付終了)です。

門の前に立つと、赤い何かが並んでいるのが目に入ります。

門を潜ると正面に千体地蔵!

いきなりインパクト大でした!

この千体地蔵、先代の住職が境内の地蔵様を集めたのだそうです。

ちなみに、理性院は通常非公開の寺院ですので通常は、一般拝観はできませんが、山門を入った千体地蔵は見ることができますので、醍醐寺を参拝したら、千体地蔵を見に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

千体地蔵の右にある門をくぐると、本堂と客殿だけのこじんまりとした寺院が現れます。

まずは左手の客殿で拝観受付を済ませます。美しい蘭が飾られていました。

客殿の上段の間には、狩野探幽が18歳の頃に描かれたという障壁画があります。

父・孝信の絵を引き継ぎ書き上げたと言われているそうです。

本堂のご本尊「大元師明王」は、先ほども触れたとおり、80年に一度しか御開帳されないため、今回は拝見することができません。

ご本尊を中央に、重要文化財に指定されている不動明王座像と毘沙門天立像があり、間近で拝見することができました。

【理性院】アクセス基本情報

【理性院】基本情報

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町21
電話:0755710006
通常非公開
アクセス:地下鉄「醍醐駅」から徒歩約15分

京都駅八条口、京阪バス醍醐寺行きに乗場して約40分ほどです。

Pickup

1

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

2

「何事にも打ち勝つ開運の神」として全国で信仰されている「宮地嶽神社」の総本宮が、福岡県福津市にある「宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)」です。 宮地嶽神社は、もともと地元福岡では人気の神社なのですが、嵐 ...

3

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

4

秋の京都は、赤や黄色に染まった美しい紅葉をあちこちで楽しむことができます。 その中でも紅葉名所として有名なのが「永観堂」です。 永観堂の紅葉の美しさは、平安時代から「秋は紅葉の永観堂」と謳われ、古くか ...

5

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

6

京都には紅葉を楽しめるスポットが、数多くありますが、京都北区にある「光悦寺(こうえつじ)」も、青もみじや紅葉の時期には、多くの人が訪れる紅葉の名所です。 今回は、歴史的風土特別保存地区に指定され、美し ...

7

SNSがきっかけで、鏡のように映る紅葉の絶景が人気の観光スポットとなっている瑠璃光院、その絶景が見られるのは紅葉シーズンだけではありません! 今回は、京都・八瀬にある瑠璃光院の見どころや、誰でもフォト ...

8

以前は神社仏閣を参拝する目的はすごく限られている印象を持っていたのですが、実は神社仏閣の楽しみ方って人それぞれです。 仏像鑑賞や建築鑑賞、パワースポット巡りなどなど、中でも御朱印集めを楽しんでいる方は ...

9

春の新緑には青々とした緑、秋には真っ赤な世界が、渓谷を埋めつくす美しい景色を楽しみに多くの参拝者が訪れるお寺、それが京都東山にある東福寺です。 今回は、東福寺をご紹介します。 京都を代表する禅寺である ...

10

京都には、紅葉で有名な観光スポットがたくさんありますが、京都山科にある毘沙門堂(びしゃもんどう)もその中のひとつです。 天台宗五箇室門跡の一つにも数えられる毘沙門堂は、紅葉以外にも見どころがたくさんあ ...

11

京都嵯峨野は、多くの寺院が点在し人気の観光エリアとなっています。 そんな人気の嵯峨野に「祇王寺(ぎおうじ)」と言う、小さいながらも紅葉の名所として知られるお寺があります。 今回は、見事な庭園で知られ、 ...

12

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

13

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

14

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

15

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

16

今回は、いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)について、お届けします。 神戸の中華街がある元町駅から歩いて15分ほどの場所に関帝廟(かんていびょう)があります。 ...

-寺院