Profile

【当ブログについて】

霧島神社

当ブログのジャンルは、神社仏閣、その周辺観光、食べ物情報などです。

 HOKI&MIYUが運営しています。

HOKIが15年以上前に一人で始めた神社巡りに、途中からMIYUが参加し、二人で神社仏閣巡りをするようになりました。

「せっかくこんなに写真とか情報貯めてるなら、ブログやれば?」

というMIYUの言葉に何年も耳を傾けなかったHOKIが、

ある日突然

「ブログはじめたい」

と、言ったのをきっかけに

2021年3月吉日 「fufu-de-omairi.com」取得

2021年3月31日ブログ開始しました。

【管理人(HOKI & MIYU )について】

HOKI & MIYU は、結婚12年目の夫婦です。

どちらかと言うと“仲良し”に分類されます。

HOKI

HOKI

名前:HOKI(ほき)
所在地:関西
血液型:AB型

神社仏閣の建物の美しさに魅せられ、結婚前から1人で一ノ宮巡りを楽しんでいました。

写真に人間が映り込むのを嫌う性質を持っているため、一ノ宮神社巡りをはじめて数年は、どんなに参拝者が多いときでも、人間が居なくなるのをジーっと何時間でも待っていました。最近は、そんなことも少なくなって妻は少しホッとしています。

でも、納得いくまで粘った結果撮影された『建物だけが、ただそこに建っている写真』は、本当に美しいです。たとえそれが、高価な一眼レフで撮影されたものではなくても、心が洗われる思いです。

MIYU

MIYU

名前:MIYU(みゆ)
所在地:関西
血液型:A型

もともと神社仏閣が好きで、でも巡るほどではありませんでした。

旅先で色んなものを見たり、食べたりするのが大好きなMIYUは、結婚を機にHOKIの神社仏閣巡りに参加しました。

神社仏閣の建物に魅せられているHOKIとは違い、MIYUは、そこに流れる空気や空と緑、狛犬が好きです。

たてまえとしては、神社仏閣巡りのきっかけを『HOKIとの結婚』と言っていますが、

「一ノ宮神社を全部まわると日本全国47都道府県いけるよ~」

というHOKIの言葉に

「やった~一緒にいく~」

MIYU大喜びって、いうのが本当のところです。

MIYUは、実に単純な性格なのです。

Pickup

1

2023年は卯年です。 干支にちなんだ神社仏閣に参拝して開運祈願めぐりをしてみてはいかがでしょうか? 今日は、京都の卯年とゆかりの深い神社・寺院の中から厳選した5社寺をご紹介します! ちょっと残念なお ...

2

以前は神社仏閣を参拝する目的はすごく限られている印象を持っていたのですが、実は神社仏閣の楽しみ方って人それぞれです。 仏像鑑賞や建築鑑賞、パワースポット巡りなどなど、中でも御朱印集めを楽しんでいる方は ...

3

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

4

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

5

毎年今年の一文字が発表される京都の「清水寺」 奈良の大仏で有名な「東大寺」 10円硬貨に描かれている「平等院」 同じお寺ですが、〇〇寺と〇〇院呼び方が違います。これはいったい何故なのでしょう? 今回は ...

6

こんにちは。 【夫婦でおまいり】のHOKI & MIYUです。 今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けしていきます。 今日は、弘法大使(空海)の三大霊跡について解説します。 弘法大使とは? 三 ...

7

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

8

こんにちは。 【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。 今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。 いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)につ ...

9

こんにちは。 【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。 今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。 京都の人気観光スポット、金閣寺と銀閣寺をご紹介したので、続いて「銅閣寺」をご紹介し ...

10

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...