雑学

「いつまでに行く?」「寺・神社どっちに行く?」知っているようで知らない【初詣】Q&A

毎年9,000万人以上が行くと言われる「初詣」は、一年の初めにその年の幸運の祈願する新年最初の大イベントになっています。

そんな「初詣」ですが、いつ行ったらいいのか?どこに行ってもいいのか?寺でも神社でもいいの?など、意外に疑問に思うことが多いのではないでしょうか?

今回は、初詣の疑問や歴史について解説します!

時代とともに変化した「初詣」

一年の初めにお参りをする「初詣」、大昔からの習慣かと思いきや、現在の初詣の元となった習慣が、時代とともに現在のように変化し、定着した歴史としては浅い習慣です。

まずは、初詣の変化について説明します。

初詣の起源「年籠り(としごもり)」

初詣の起源は、「年籠り(としごもり)」という平安時代から伝わる習慣です。

年籠りは、村や家の長が、その地域の氏神様(うじがみさま)大晦日の夜から元日の朝まで、寝ずに籠ることです。

「寝ずに籠る」というのは、本当に一度も寝てはいけない決まりになっていて、寝てしまうと白髪やシワが増えると言い伝えられていたと言います。

「除夜詣」と「元日詣」

大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠っていた年籠りが、大晦日の夜に参拝する「除夜詣」と元日の朝に参拝する「元日詣」へと、時代とともに変化したと言われています。

この元日詣は、住んでいる地域の氏神様が祀られている社寺か、家から見てその年の恵方の方角にある社寺に参拝するという決まりがありました。

ちなみに今でも、除夜と元旦の2回社寺を参拝する風習が残っている地域もあり、これを『二年参り』と言います。

「初詣」は鉄道会社が考えた!?

「除夜詣」と「元日詣」に分かれた習慣でしたが、さらに時代を経て「元日詣」の風習だけが残り、やがて「氏神様」や「恵方」に限らず「自由に参拝する」習慣に変化していきました。

そして現在の「初詣」の風習となるのですが、これには鉄道によって交通の便が良くなったことが、大きく関わっていました。

交通の便がよくなり、近くの恵方の社寺だけでなく、遠方の有名な社寺にも参拝しやすくなりました。

やがで、鉄道会社による参拝客の取り合いが始まり、「恵方」ではなく「正月にはどこかにお詣り」に変化したのです。

初詣の疑問Q&A

もともとは、大晦日の夜から元日の朝、氏神様かその年の恵方と決まりの多かった風習ですが、「初詣」となり自由度が高くなったことで、

逆に「いつまでに行ったらいいの?」とか「お寺でも神社でもいいの?」など、

疑問に思ったり、迷ったりする方も多いのではないでしょうか?

初詣の参拝について説明していきましょう。

Q1:初詣の時期は?

初詣っていつまでに行ったらいいの?

「松の内」の間に行くのが一般的だね

お正月というのは、新年の神様である「年神さま」を家に迎える行事です。

その「年神さま」がいらっしゃる「松の内」の間に初詣に行くのが一般的です。

「松の内」はいつのことか?と言うと、門松が玄関に飾られている期間です。

門松が飾られている期間は、地域によって違い、関東は7日まで関西は15日までを指すことが多くなります。

また、松の内に詣でられなかった場合は、遅くとも節分(旧正月)までと言われています。

Q2:神社?お寺?どっちに行けばいい?

神社とお寺どっちに行ったらいいの?

どっちでもOK、両方行っても大丈夫

初詣は、神社でもお寺でも大丈夫です。

決まりはないので、複数のお寺や神社を巡っても構いません。

どこに参拝しても自由ですが、
縁起を担ぎたいという方は「地域の神様にお参りするのが良い」や、
「お寺なら自分の干支の守護本尊がお祀りされているところが縁起が良い」など言われています。

Q3:喪中の初詣行っていい?

喪中に初詣って行っていいの?

神社への初詣は控えた方がいいよ

喪中は神前に出ることを慎しむ期間とされています。

神道の忌中期間(50日間)は、神社にお参りすることも、鳥居を潜ることもしてはいけないとされています。

また神社によっては、喪中期間(13ヶ月)も参拝を禁じているところがあるので、喪中は神社への初詣は控えた方がいいでしょう。

寺院は、死を穢れとする考えがないので、正月に初詣に行っても問題ありません。

喪中の場合は、お正月に控えることが他にも、新年の挨拶で「おめでとう」や、年賀状の差し出し、鏡餅や門松などの正月飾り、おせち料理も作らないなど、いつもとは違った過ごし方となります。

Q4:初詣の服装は?

初詣の服装は決まりがあるの?

決まりはないけど・・・

初詣の時の服装に決まりはありません。

でも、神様仏様に1年の最初の挨拶に行くのですから、ふさわしい服装を心掛けましょう。

昔は、お正月になると着物を着せてもらって、近所の神社に初詣に訪れたものです。今は見かけることも少なくなりましたが、やっぱり晴着っていいですよね。

いかがでしたか?

ちなみに、初詣の帰りは、いただいた福を逃さずに持ち帰るために、どこにも寄らずに家に帰るのが望ましいそうです。

そのままお出かけを楽しみたいところですが、お正月は家でのんびり過ごすのが良い一番なのかもしれませんね。

-雑学