大阪・兵庫で厄除けなら「門戸厄神 東光寺」

寺院

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

兵庫県・大阪府で、厄除けのご利益があると有名なお寺が、兵庫県西宮市にある門戸厄神東光寺です。

今日は、門戸厄神東光寺をご紹介します。

日本三大厄神のひとつ門戸厄神

兵庫県西宮市にある門戸厄神の正式名称は「松泰山東光寺」です。

高野山真言宗別格本山となっています。

門戸厄神東光寺は、天長6(829)年に創建されました。

寺に伝えられているところによると、嵯峨天皇が、ある日「愛染明王」と「不動明王」が一体となってあらゆる厄災を打ち払う夢を見ました。


その夢を見たのが、41歳の厄年に当たる時だったため、天皇は空海に厄を払うための厄除祈願を命じました。

命を受けた空海は、天皇の夢に出てきた「愛染明王」と「不動明王」が一体となった「厄神明王像」を三体つくり、それを高野山の天野大社と、山城の石清水八幡宮、そしてここ門戸厄神に祀り、国家安泰、皇家安泰、国民安泰を祈願しました。

厄神明王像が祀られた3つの社は、日本三大厄神と称され今でも厚い信仰の対象となっています。

しかし、実は空海が彫った三体の厄神明王像のうち、現存しているのは門戸厄神のみとなっています。門戸厄神は、現存する空海の厄神明王像のパワーで厄除け祈願ができる唯一のお寺となっているということですね。

門戸厄神の見どころ

表門から境内に入ると、中楼門があります。

中楼門から入って正面にあるのが厄神堂です。

ここにあらゆる災厄を打ち払うと言われる厄神明王が祀られています。

こちらが大師堂、真言宗の宗祖弘法大師空海がお祀られています。

薬師堂には、ご本尊の薬師瑠璃光如来がお祀られています。

厄神堂の横には、絵馬代わりの願い事を書いた扇子が奉納されています。

厄神堂の裏にまわると、稲荷社

そして、奥の院があります。

厄神堂の手前には、こんな不思議な形のものがあります。

これは、金箔宝珠といい、厄神明王様に祈願をする時や、お礼参りの時に金箔を奉納するのだそうです。ここでの金箔は、仏さまの功徳に感謝の気持ちを現すお供えです。

庭園側から出るとすぐに、四国八十八ケ所巡りができる場所があります。

四国各札所の砂を敷き、各本尊がぐるりとお祀りされていて、手軽に八十八ケ所巡りをすることができます。

門戸厄神の外の壁面に描かれた龍も見事ですよ!

門戸厄神の厄除け

厄年は、男女によって厄とされる年齢は違いますが、その年齢になると、前厄、本厄(大厄)、後厄(挑厄)と呼ばれ注意が必要とされていて、厄除け(厄払い)を行います。

一般的に厄除けは、年始から節分までに行いますが、門戸厄神では1年を通して厄払いが出来ます。

門戸厄神では、毎年1月18、19日に厄除大祭が行われ、節分には星祭が行なわれます。この期間中は、周辺道路が広範囲に交通規制されます。

また、厄除け大祭期間中には、寺院の無料駐車場も使用できません。厄除大祭の時に参拝される場合は、ご注意ください。

祈祷・お札・お守り

門戸厄神の祈祷は、直接本堂でお祓いを行い、さらに翌日から1年間ご祈祷を行っていただく「特別祈祷」と、申込んだ翌日から本堂で1年間祈祷をしていただく「年祈祷」があります。

寺務所には、厄神様のパワーであらゆる厄から護っていただける、また様々な災難から身を守るためのお札やお守り、記念品などがたくさん用意されています。

写真は、財布などにも入れられるカードタイプの厄除開運・諸願成就のお守りと、厄除腕念珠です。腕念誦には七色のふさが付いています。

授与品には七色の装飾がよく使われているのですが、これは昔から、「七色は七難を除く」と言われ厄除けの意味があるそうです。

護摩祈祷の「そえごま」をいただき、諸願成就の御利益をいただくために、氏名、年齢と、お願い事を書いている方も多いです。そえごまをすると、交換に一軒に一枚「不動明王の魔除け札」をいただけます。帰宅したら、玄関にお札を供えましょう。

土産とカフェ

門戸厄神で厄を払った帰りに「厄除まんじゅう」はいかがでしょうか。

東光寺の参道に店を構える「鈴屋雅遊庵」の「厄除まんじゅう」は、もっちりとした皮で、つぶあんを包んだお饅頭です。

このつぶあんに使われている小豆は、お寺でご祈祷を受けてから、小豆の形を残すようにして炊いているのだそうです。確かにしっかりした粒が感じられるあんでした。

カフェでちょっとのんびりして帰ろうかなと思ったら、駐車場の向かい辺りには「otera cafe」があります。

この日も気候も天気もよかったので、テラスでのんびりお茶をいただく方がたくさんいました。

自家製生パスタのランチもありましたよ。

アクセス


兵庫県西宮市 門戸西町2−26
阪急今津線「門戸厄神駅」下車、北西へ約700mほどです。

中楼門の境内側から撮った写真です。

遠くに街並みが見えていますが、門戸厄神は山手にあって眺めも楽しむことができますよ。

それでは、また。