寺院

京都世界遺産「銀閣寺」の歴史と見どころ

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

京都には古い建造物が多く、世界遺産に認定されている重要な建造物が数多くあります。

そんな中でも、人気の観光スポットとしてあげられるのが「銀閣寺」です。

今日は、銀閣寺の歴史やみどころ、気になる「なぜ銀閣寺と呼ばれるのか」についてもをご紹介します。

銀閣寺の歴史

銀閣寺を建てたのは、室町幕府8代将軍の足利義政です。

義政は、金閣を作った足利義満の孫にあたります。銀閣寺は、足利義満が建てた鹿苑寺金閣を意識して建てられたと言われています。

銀閣寺と呼ばれていますが、正式名称は慈照寺といいます。金閣寺と同じく相国寺の塔頭のひとつです。

義政が将軍のときに京都で大きな争いが起こりました。それが「応仁(おうにん)の乱」です。応仁の乱は、10年あまり続く争いとなりました。

将軍として武士をまとめられなかった義政は、政治から身を引き、息子の義尚に将軍職を譲ると、そのまま隠居して東山の月待山麓に山荘を建てました。これが、銀閣寺の起源です。

銀閣寺を建てた場所は、応仁の乱で焼失した浄土寺という寺の跡地でした。

応仁の乱で、足利将軍家の邸宅であった花の御所が焼失すると、富子と義尚は小川殿に入り、義政自身は完成していない山荘に移住しました。

しかし、義政は1490年に山荘の完成を見ることなく死去しています。

その後、この山荘は義政を弔うために、相国寺の末寺にとされ、慈照寺と呼ばれるようになりました。

銀閣寺は、室町幕府の衰えと共に衰退し、1550年には、争いにより建物の多くが焼失しました。

江戸時代になると徳川幕府からの援助によつまて、庭園が築かれ、建物の多くが修復されました。

銀閣寺は明治維新の時代に行われた廃仏毀釈によって再び衰退しましたが、復興をとげ現在に至っています。

銀閣寺名前の由来と、銀閣寺と呼ばれる理由

銀閣寺と呼ばれている建物の正式名称は、慈照寺「観音殿」といいます。慈照寺の寺名は、義政の戒名「慈照院」が由来となっています。

ちなみに、金閣寺と呼ばれている建物の正式名称は、鹿苑寺「金閣」です。鹿苑寺という寺名は、義満の法名「鹿苑院」が由来となっています。

金閣寺が金閣と呼ばれるのは、あれだけ目立つ金箔キラキラの建物を見ればわかります。

では、なぜ銀閣寺は銀箔ギラギラではないのに銀閣と呼ばれるのでしょうか?

実は、建てられた当初には銀閣とは呼ばれておらず、江戸時代になってから、義満の金閣に対して呼ばれるようになった呼び名なのだそうです。

金閣に対して銀閣と呼ばれているため、本当は銀箔が貼られていた等いう説もありました。

しかし、その後の調査で、外壁に銀箔を貼られた跡がないことが分かっています。

銀閣寺の見どころ

まずは、何といっても観音殿(銀閣)です。

銀閣は、金閣寺の金閣と西本願寺の飛雲閣とともに、京都三名閣と呼ばれています。

金閣のような煌びやかさはありませんが、その佇まいは落ち着きと穏やかさが感じられます。

2階は、寺で見られる丸みを帯びた窓となっています。

方丈前からは、銀閣(観音殿)、向月台(こうげつだい)、銀沙灘(ぎんしゃだん)を眺めることができます。

向月台というのは、白砂が円錐形に固められたもので、高さ165センチの巨大な盛り砂となっています。

銀沙灘(ぎんしゃだん)は、波紋のようなデザインが施された砂地のことで、ここに光を反射させて銀閣を明るく照らすという役目もあるそうです。

こちらが、方丈です。

方丈前に、銀沙灘の美しい光景が広がっています。

方丈の戸に施された細工が、とてもかわいかったです。

ガラス越しに見る銀閣と向月台もいい感じです。

方丈の横には東求堂(とうぐどう)があります。

畳が敷き詰められているのが特徴で、外との仕切りは障子となっています。

そして、「付書院(つけしょいん)」と「ちがい棚(だな)」が配置され、これが「床の間(とこのま)」の原型となりました.

書院造と呼ばれるの部屋からは、床の間を飾るために「生け花」や「掛け軸」などが発達し、義政の時代に、今に伝わるさまざまな文化が生まれました。

境内の東側にある高台からは、境内全体を見下ろすことができ、京都市街まで見渡すことができます。素晴らしい眺めなので、是非庭を散策して上からの眺めも楽しんでみてください。

銀閣寺は自然の中にあり、境内では自然と四季を楽しむことができます。

春の桜や秋の紅葉のシーズンには、数多くの観光客が訪れ、冬に雪が降ると、雪で覆われた銀閣の景色が、多くの観光客を魅了します。

四季折々の銀閣寺を見に行ってみてはいかがでしょうか。

アクセス

住所:京都市左京区銀閣寺町2

京都市バス 「銀閣寺道」「銀閣寺前」より徒歩約10分

いかがでしたでしょうか?

今日は、銀閣寺の歴史や見どころなどについて、ご紹介しました。

金閣寺のように絢爛豪華ではない銀閣寺、でも自然の中で自然な形で佇むその姿は、美しく輝いて見えます。

日本の美を感じられる銀閣寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

3

京都の繁華街、四条駅から歩いて5分ほどの場所に「繫昌(はんじょう)神社」があります。 「繫昌神社」と聞くと、もう絶対商売繁盛のご利益があるとしか思えない、縁起の良い名前ですよね!「日本で唯一の商売繁盛 ...

4

厄年の時って「悪い事がおきる」とか「物事が上手くいかない」とか「周りの人に不運が起きる」とか、なんだか怖いと思わずにはいられないことを色々言われますよね。 「気持ちの問題でしょ?」と思いつつ、どうして ...

5

京都市左京区にある世界遺産「下鴨神社」では、3月3日の桃の節句ひな祭りに、鴨神社の境内に流れる、みたらし川で「流し雛」が行われます。 毎年恒例の神事なのですが、コロナウイルス感染症の予防対策のため数年 ...

6

城南宮は、北野天満宮と並ぶ京都の梅の二大名所として有名です。 境内には150本のしだれ梅と300本の椿があり、京都でいち早く春の訪れを感じられる梅の名所です。 しだれ梅の見ごろの時期には、一面に咲き乱 ...

7

大阪「住吉大社」、毎月初めの辰の日におまいりする「初辰まいり(はったつさん)」は、商売発達・家内安全を願って遠方から訪れる人も多く、早朝から大勢の参拝客で賑わいます。 今回は、住吉大社の「初辰まいり( ...

8

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

9

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

10

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

11

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

12

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

13

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

14

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

15

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

16

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

17

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

-寺院