京都観光スポット平安神宮「神苑」見どころ紹介

未分類

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

京都の人気観光スポットのひとつ平安神宮、あの大きな鳥居を目にしたことがある方は多いと思います。

今日は、平安神宮にある国指定名勝の日本庭園「神苑」という池泉回遊式の庭をご紹介します。

平安神宮神苑

平安神宮は、平安京を創始した桓武天皇と、平安京最後の孝明天皇が祀られている神社です。

その平安神宮にある神苑は、社殿の背後をぐるりと囲むように作られています。

その広さは、約1万坪もある大規模な池泉回遊式庭園で、国指定名勝となっています。

明治時代に、円山公園や無鄰庵などの園を手がけた7代目小川治兵衛が作庭された日本庭園で、南神苑、西神苑、中神苑、東神苑から構成されています。

通常600円の拝観料が必要ですが、毎年6月と9月の2回無料開放される日があります。

6月は、花菖蒲の見ごろに合わせて無料開放されるため公式HPなどで確認が必要です。

9月は、南神苑に「平安の苑」が開設された日を無料としているので9月19日で固定となっています。

※神苑へは、上の写真の中央にある「大極殿(外拝殿)」で受付を済ませ、左側にある「白虎楼」にある入り口から入ります。

平安神宮神苑の見どころ

それでは、早速お庭のご紹介です。

南神苑

まずは、南神苑エリアです。

八重紅枝垂桜が多く、枝垂桜の名所としても有名です。

6月下旬に拝観しましたが、紫陽花や

ハギの花

水辺の半夏生

なでしこ等の花を楽しむことができました。

苔と池の藻、緑の世界が広がります。

南神苑と西神苑の境あたりには、茶室澄心亭(ちょうしんてい)があり、桜の季節には「観桜茶会」なども催されています。

西神苑

茶室澄心亭を過ぎると西神苑エリアに入ります。

西神苑エリアでは、花菖蒲の名所として有名ですが、伺った時には既に見ごろは過ぎてしまっていました。

池の周りをぐるりと巡ることができます。

中神苑

本殿の裏にある小道を歩いていくと、中神苑エリアの池が目に飛び込んできます。

木々に覆われた道から急に視界が開け、緑と青空が広がっています。

中神苑の蒼龍池には、丸い沢飛び石を渡ることができる「臥龍橋(がりゅうきょう)」があります。

この飛び石に使われている石は、豊臣秀吉が天正年間に造営した京都三条・五条大橋の橋脚として使われていた石なのだそうです。

花菖蒲は見ごろを過ぎていましたが、可愛い睡蓮が咲き始めていました。

臥龍橋を渡ると、休憩処があるので池の睡蓮を眺めながら、ひと息できますよ。

東神苑

最後に東神苑です。

東神苑は、4つのエリアの中でもハイライトと言える、写真スポットが多いエリアです。

上の写真、右の建物が「尚美館(しょうびかん)」、左が「橋殿・泰平閣(たいへいかく)」です。

将軍塚がある華頂山が借景となっています。

橋殿(はしどの)とは、屋根付きの橋のことです。

泰平閣の向こうに少し見えている建物は、平安神宮会館(披露宴会場)と結婚式受付です。平安神宮での結婚式(神前式)は、大人気でこの日も披露宴が行われていました。興味のある方は、公式ホームページで確認してみて下さいね。

泰平閣の中央辺りには、鯉の餌が売られています。皆さん橋から餌をあげていましたが、鯉と亀の争奪戦が繰り広げられ、ちょっと怖かったです。

鯉と亀だけではなく、鴨もいます。

すぐそばで、くつろいでいる姿も見られますよ。

泰平閣を渡ると、出口に向かいます。

アクセス

京都府京都市左京区岡崎西天王町

地下鉄東西線「東山」 徒歩約10分

京都市営バス 5・32・46・急行100系統「岡崎公園美術館・平安神宮前」下車 徒歩約3分

平安神宮神苑をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

神苑に入ってみると、いつも参拝していた平安神宮がこんなに広かったのかと、驚きます。

庭園の中は、季節の花や生き物も多く、遠くの山と庭、自然の豊かさを感じられます。

平安神宮参拝の際は、神苑でのんびりするものおススメです!

それでは、また。