神社

京路|後白河法皇“法住寺殿”の鎮守社「新熊野神社」

後白河法皇によって創建された新熊野(いまくまの)神社は、京都市東山区に鎮座する神社です。

今回は、新熊野(いまくまの)神社をご紹介します。

大きなクスノキがある「お腹の神様」として知られる神社ですよ。

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)

新熊野神社は、熊野信仰の盛んな平安時代末期に後白河法皇によって院御所「法住寺殿」の鎮守社として熊野三山の熊野権現を勧請して創建された新熊野社が始まりとされています。

熊野信仰とは、熊野三山(本宮・新宮・那智)を中心にした信仰のことで、法皇は生涯34回も熊野に参詣されたと言います。

ただ当時、熊野に参詣することは大変なことで、そう何回も行けるわけではありませんでした。

そこで、熊野の新宮・別宮として創建されたのが新熊野神社です。

応仁の乱以降、度々の戦火に見舞われ、一時は廃絶同様の状態になってしまいました。それを再建されたのが、江戸時代初期、後水尾天皇の中宮東福門院(3代将軍徳川家光の妹)で、現在の本殿は寛文13年(1663年)聖護院宮道寛親王(後水尾上皇の皇子)によって修復されたものです。

それからは、長く京の熊野信仰の中心地として繁栄を極めました。

しかし、応仁の乱以降、何度も戦火に見舞われ、一時は廃絶同様の状態になってしまいました。

その後、江戸時代初期に後水尾天皇の中宮東福門院(3代将軍徳川家光の妹)により再建され、現在の本殿は寛文13(1663)年、聖護院宮道寛親王(後水尾上皇の皇子)によって修復されたものです。

「新熊野」と書いて「いまくまの」と読むのはなぜ?

「新熊野神社」、字の通り「しんくまのじんじゃ」と読むのかと思いきや、読み方は「いまくまのじんじゃ」、ぱっとみ絶対読めませんよね。

なぜ「新熊野=いまくまの」と読むのでしょうか?

「新熊野」と書いて「いまくまの」と読むのは、

「紀州の“古い熊野”に対して京の“新しい熊野”」、「紀州の“昔の熊野”に対する京の“今の熊野”」という、当時の都人の認識がその由来となっているのだそうです。

“新熊野神社”境内の様子

新熊野神社は、歴史ある寺社が建ち並ぶ京都東山の麓を走る東大路通沿いに鎮座しています。

境内には、「影向(ようごう)の大樟」と呼ばれる大きな楠があります。

この木は、神社創建の際に紀州熊野から運ばれ、後白河法皇が手植えされたと伝わっていて、樹齢約900年なんだとか!健康長寿のご利益があると言われ、後白河上皇が腹を患うことが多かったことから、特に「お腹の神様」として信仰されてきました

大樟の枝で作られた、さすると病が癒えるといわれ「さすり木」があり、今でにたくさんの人にさすられてきた木肌は磨かれたようにスベスベなっています。

さすり木の右側から大樟のそばまで行くことができる入り口がありますよ!

新熊野神社 本殿です。

屋根には八咫烏がいるので、お見逃しなく!

新熊野神社で、能楽の祖の観阿弥・世阿弥父子が「新熊野神事能楽」を披露し、至芸に感動した室町幕府三代将軍 足利義満が二人を庇護するようになったと言われています。

この今熊野での猿楽演能は日本芸能史における変革点と言われ、現在日本の伝統芸能「能」「狂言」「歌舞伎」は、ここから始まったと伝わっています。

【新熊野神社】アクセス基本情報


【新熊野神社】基本情報

住所:京都府東山区今熊野椥ノ森町42
電話:0755614892
HP:http://imakumanojinja.or.jp/
アクセス:京都市バス「今熊野」から徒歩約1分
京阪本線、JR奈良線 「東福寺駅」から徒歩約8分

観光スポットととして人気の東福寺駅から歩くと約8分、東福寺から歩いても約11分なので、東福寺と合わせて参拝してみてはいかがでしょうか。

また、後白河天皇ゆかりの三十三間堂へも徒歩9分ほどなので、三十三間堂・法住寺とセットで参拝して後白河上皇の時代を偲んでみるのもオススメです。

関連オススメ記事


関連オススメ記事


神社仏閣巡りをするなら、クラブツーリズムのツアーがおススメです!
効率的に回れる!一人参加も気軽にできる!個人ではなかなか行けない場所も参拝できる!


クラブツーリズムの検索方法

まずは、上の「クラブツーリズム」のバナーをクリック

表示された画面の上、右端にある三本線「menu」を押す
 ↓
「キーワードで検索」と表示されるので、そこに行きたい場所や見たい物などキーワードを入力

希望のコースが見つかるといいですね!

Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

3

京都の繁華街、四条駅から歩いて5分ほどの場所に「繫昌(はんじょう)神社」があります。 「繫昌神社」と聞くと、もう絶対商売繁盛のご利益があるとしか思えない、縁起の良い名前ですよね!「日本で唯一の商売繁盛 ...

4

厄年の時って「悪い事がおきる」とか「物事が上手くいかない」とか「周りの人に不運が起きる」とか、なんだか怖いと思わずにはいられないことを色々言われますよね。 「気持ちの問題でしょ?」と思いつつ、どうして ...

5

京都市左京区にある世界遺産「下鴨神社」では、3月3日の桃の節句ひな祭りに、鴨神社の境内に流れる、みたらし川で「流し雛」が行われます。 毎年恒例の神事なのですが、コロナウイルス感染症の予防対策のため数年 ...

6

城南宮は、北野天満宮と並ぶ京都の梅の二大名所として有名です。 境内には150本のしだれ梅と300本の椿があり、京都でいち早く春の訪れを感じられる梅の名所です。 しだれ梅の見ごろの時期には、一面に咲き乱 ...

7

大阪「住吉大社」、毎月初めの辰の日におまいりする「初辰まいり(はったつさん)」は、商売発達・家内安全を願って遠方から訪れる人も多く、早朝から大勢の参拝客で賑わいます。 今回は、住吉大社の「初辰まいり( ...

8

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

9

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

10

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

11

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

12

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

13

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

14

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

15

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

16

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

17

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

-神社