ねねの眠る「高台寺」へ

寺院

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

京都有数の観光名所、八坂神社から清水寺まで歩く途中の高台に高台寺があります。

今日は、豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)〝ねね〟の建立したお寺として有名な高台寺をご紹介します。

京都東山・高台寺

高台寺には、重要文化財に指定されている建築物や広い庭園など、見どころがたくさんあります。
まずは、その歴史に触れていきましょう。

高台寺の歴史

1598年豊臣秀吉は、その生涯を終えました。
豊臣秀吉の妻・ねねは、豊臣秀吉の冥福を祈るため寺院の建立を発願し、ねねの母・朝日局(あさひのつぼね)が眠る康徳寺に建立を考えました。

しかし、康徳寺はあまり大きなお寺ではなく、秀吉を弔うには狭かったため、現在の東山に高台寺が建てられました。

建立の時には、豊臣家にはすでに権力はなくなっていました。代わってその実権を握っていた徳川家康が、ねねの「秀吉の菩提寺を建てたい」という願いを聞き、自分の家臣である武将たちを派遣し、高台寺建立を進めさせるなどの力添えをしたと言われています。

そして、秀吉の死から8年、高台寺は完成しています。

ねねが眠る霊屋(おたまや)

霊屋は、ねねの墓所です。

1605年に高台寺の高い場所に、東山の阿弥陀ヶ峰(秀吉が祀られている)に向かって建立されました。現在は、重要文化財に指定されています。

霊屋には、大随求菩薩像を中央に、向かって右に秀吉、左にねねの木像が安置されねています。

このねね像の真下、地下2mには、ねね自身が土葬され、眠っているそうです。

高台寺蒔絵

霊屋の内部は、蒔絵(まきえ)が施され「高台寺蒔絵」と呼ばれています。

蒔絵とは、漆(うるし)で絵や文様などを描き、金粉や銀粉を定着させる技法で、日本漆芸の代表的な技法のことで、桃山時代には器物だけでなく建造物にも蒔絵が施されました。

霊屋には、桃山時代の華麗な蒔絵を施した階段や厨子(ずし)が残されています。それらは、高台寺の蒔絵として知られ、同なじ技法や似た意匠の蒔絵のことを「高台寺蒔絵」と総称するようになったそうです。

高台寺蒔絵の調度品は、高台寺掌美術館で見ることができます。

こちらは、開山堂と霊屋をつなぐ臥龍廊(がりょうどう)です。

その全長は約60メートルあり、屋根が龍の背に似ていることからこの名が付いたそうです。

通常は通ることができませんが、特別公開のときに稀に通れることがあるようです。

開山堂

開山堂は、1605年に建立され、重要文化財に指定されています。

開山堂の天井には、秀吉の御座舟の天井と、ねねの御所車の天井を用いたと言われています。

もともとは、ねねの持仏堂でした。現在は「三江紹益像」「ねねの兄の木下家定と妻の雲照院像」、そして高台寺の普請に尽力した「堀直政の像」が安置されています。

天皇の使者だけが通る「勅使門」

勅使門(ちょくしもん)とは、天皇の使者だけが通ることができる門のことです。
方丈前庭・波心庭(はしんてい)にある門で、方丈とともに1912年に再建されました。

方丈側からは門は遠いため、寺の出口付近で門を近くに見ることができます。

天皇の使者だけが通ることができる門ですので、通常開門されることはありませんが、正月三が日には、通常閉門している勅使門が開かれて、一般の方もこの門をくぐり、方丈にお参りすることがでるのだそうです。

お正月三が日に参拝すれば、特別な体験ができますね。

茶屋・「傘亭」「時雨亭」

高台寺にある茶屋「傘亭」と「時雨亭」は、どちらも重要文化財に指定されています。

どちらも高台寺に建てられたものではなく、伏見城にあった建ものを高台寺に移築しています。

傘亭は、もともとは「安閑窟(あんかんくつ)」という名前だったそうです。
茶室の天井は竹で組まれており、その姿が唐傘のように見えることから、傘亭という名前がつけられました。

時雨亭は、茶室としては珍しい2階建ての建物になっています。
大阪夏の陣で大阪城が落城していくのをこの時雨亭の2階から、ねねが眺めていたとも伝えられています。

高台寺ライトアップと方丈前庭・波心庭

春は桜ライトアップ、毎年桜が見ごろを迎える時期を中心に3月の東山花灯路から5月のゴールデンウィーク明け頃まで行われています。

高台寺にはソメイヨシノ・しだれ桜など約50本があり、方丈前庭・波心庭のしだれ桜などがライトアップされます。

秋は、臥龍池周辺などのヤマモミジやイロハモミジが、例年11月中旬~12月上旬に見頃を迎え、この時期にライトアップされ特別拝観が開催されます

高台寺の方丈前庭・波心庭は、一本のしだれ桜が見事に咲く枯山水(かれさんすい)庭園として知られています。

この枯山水庭園が、春と秋のライトアップ特別拝観には、毎回ちがうテーマが設定され、テーマに合わせたお庭に変貌します。

庭の中央、勅使門前に亀の形をした島、その亀の背中からは松の木が生えています。

お庭の端から端へと躍動感あふれる龍の姿があります。

普段は、穏やかな枯山水が、テーマに合わせ全く違った姿を見せてくれています。

情緒ある日本の庭園枯山水もいいものですが、ライトアップの時期の庭も必見です。

アクセス

高台寺へは、いろんなアクセス方法があります。

車の場合は、駐車場を完備しています。ただし、高台寺周辺には京都でも有数の観光スポットが多くあるため、車での観光客も多く、かなり渋滞しやすい場所です。できる限り、公共交通機関を使っての観光をおすすめします。

電車の場合、地下鉄京都烏丸線の「四条」からは徒歩30分ほど、阪急京都線の「河原町」からは徒歩20分ほど、京阪電車の「祇園四条」15分ほどとなります。

バスの場合、京都市バス206系統に乗車して「東山安井」で下車、停留所からは徒歩5分ほどです。
京都市バス100系統もしくは206系統に乗車して「祇園」で下車、停留所からは徒歩10分ほどです。

京都市内は、電車もバスも本数が多く、どちらも利用は便利です。電車を利用すると、四条通りに沿って八坂神社まで向かい、八坂神社を抜けて寧々の道なども通り、観光しながら歩くことができますので、楽しみながら移動できます。

八坂神社の南桜門を出て、真っ直ぐ清水寺方面へ歩いていると、左側に石塀小路(いしべこうじ)の入口が現れます。

高台寺通り(ねねの道)へ通り抜けることができる小道で、石畳に沿って町屋が連なる街並みがなんとも情緒的で京都を感じることができます。

明治末期から大正初期にかけてつくられたこの通りは、以前はお茶屋さんが軒を並べていました。

現在は、旅館や京料理店などがあり、映画やドラマのロケ地としても使われることが多い人気の通りとなっています。

近年、祇園の花見小路と同じく観光客のマネーが悪く、この道沿いも写真撮影禁止となってしまっていていますが、それはそれで、本当に静かな京都の佇まいを感じながら散策ができて落ち着きます。

石塀小路を抜けると、寧々の道に出ます。目の前には高台寺公園、その脇にのびる上の写真の階段を登ると、高台寺です。

京都東山に来たら他にもたくさん行きたいスポットがありますよね。

高台寺からは、清水寺へと抜ける二年坂、三年阪へも歩いてすぐですし、先ほどの神社の南桜門を出た道を石塀小路に入らず、そのまま真っ直ぐ進むと、カラフルなくくり猿がフォトジェニックでかわいいと人気の「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」にもすぐです。

さまざまな観光スポットのある京都東山の中で、特別目立ってはいない高台寺ですが、緑豊かで魅力的な寺院です。

便利な立地でもありますし、ぜひ京都東山を訪れた際には参拝してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。