寺院

善峯寺 絶景!山一面を埋め尽くす紫陽花

京都にある善峯寺(よしみねでら)は、桜や紅葉、また立派な松があることで知られています。

そして、もうひとつ、梅雨の時期のお楽みが「紫陽花」です。

善峯寺の紫陽花は、京都でも一、二を争う名所として有名で、多くの参拝者が訪れる人気スポットとなっています。

今回は、善峯寺あじさい苑をご紹介します。

紫陽花の花が、山の斜面一面を埋め尽くす絶景に出会えますよ!

善峯寺(よしみねでら)

善峯寺は、西国三十三箇所霊場の第20番札所にもなっている古刹です。

京都の西山連峰に位置しており、決してアクセスの良いお寺ではありません。

山奥にあるため、参拝するのにはなかなか大変ですが、見どころの多い寺院となっています。



善峯寺は平安時代、長元2(1029)年に源算上人により創建されたのが始まりとされています。

鎌倉時代に善峯寺と称されるようになりました。

応仁の乱で大半の坊が焼失、荒廃しますが、江戸時代に5代将軍徳川綱吉の母・桂昌院により再興され、現在に至っています。

【善峯寺】見頃の「あじさい苑」の様子をご紹介

善峯寺は、標高300メートルの山の上ににあります。

そのため、京都市内の紫陽花よりも見頃がやや遅く、例年6月中旬~7月上旬ごろが見頃の時期となります。

それでは、見ごろの時期のあじさい苑の様子をご紹介します。

山門をくぐり拝観受付を済ませると、すぐに紫陽花が目に飛び込んできます。

でも、まだ「あじさい苑」の絶景ではありません。

まずは、階段を上ると本堂があります。

本堂の前には、落ち着いた色合いの紫陽花の鉢植えが置かれています。

本殿の右手には、さらに階段があるのでドンドン登っていきましょう。

境内のあちこちに、美しく咲く紫陽花を目にすることができます。

しかし、まだメインのあじさい苑ではありません。

山門からあじさい苑までは、

「あじさい1万本」と書かれた看板を目印に、石段を上り10分ほど進みます。

ようやくたどり着くと、飛び込んでくるのは、紫陽花で覆いつくされた山の斜面です!

その光景は、見事と言うしかありません!

あじさい苑の入口「幸福地蔵」のお堂辺りは、反対斜面から見下ろすような形になり、特に全体を眺めるのによい場所となっていて、ここから写真を撮る方もたくさんいました。

上の写真の建物が興福寺増が祀られているお堂です。

この「白山・桜あじさい苑」は、境内の南に位置しています。

春は枝垂れ桜が、そして初夏には紫陽花が楽しめます。

ここにある紫陽花は、一万本という規模!

やまの傾斜一面にあるため、

まるで、紫陽花に覆われているかのよに感じます。

このあじさい苑は、善峯寺を開いた源算上人が写経の墨をすったとされる「白山名水」の湧き水があった場所なのだそうです。

もともとは、昭和初期に植えられた杉で眺めが悪かったため、花と眺望を両方味わってもらおうと、杉を伐採し、桜とあじさいを植えて整備したのが、あじさい苑ができるきっかけとなりました。

おかげで多くの観光客が訪れる名所となっています。

中には、かわいいハートの形の紫陽花もあって、ひとつひとつ形や色をジックリ見ながら楽しめます。

ちなみに境内は3万坪ほどあり、あじさい苑があるのは、その境内の中腹くらいです。

更に山の上には、奥の院などもあり、1周1時間程かけて回れる回遊式庭園にもなっています。

時間と体力に自信のある方は、奥の院まで足をのばしてみてはいかがでしょうか。

【善峯寺】アクセス基本情報


【善峯寺】基本情報

住所:京都府京都市西京区大原野小塩町1372
電話:0753310020
HP:http://www.yoshiminedera.com/
拝観時間:土日祝日8:00・平日8:30 ~ 17:00(16:45受付終了)
入山料:大人500円
アクセス:JR「向日町駅」または阪急「東向日駅」より、阪急バス66番(善峯寺行き)に約30分乗車、終点「善峯寺」にて下車、徒歩約8分

JR京都線「向日町」、または阪急京都線「東向日」下車、阪急バス善峯寺行きに乗車し、終点「善峯寺」下車、徒歩8分ほどです。

ただし、バス停からは山門までは、かなり急な坂道を登ります。

歩きやすい靴でお出かけください。

最寄り駅からバスの所要時間は約30分、しかもバスは1時間に1本と本数も少なく、さらに復路の平日の最終バスは15時台、土日祝日でも16時台と早いため、バスの時刻表を確認して予定をたててお出かけすることをおすすめします。

バスを逃してしまうと、善峯寺は周辺には何もありません。

紫陽花などのシーズン中は、バス停の横にタクシーが何台か待機していますが、普段はタクシーも呼ばないといません。

帰りのバスまで1時間あるので余裕だと思うかもしれませんが、広い境内で紫陽花を見ながら写真を撮っていると、あっという間に1時間経ってしまうので、注意してくださいね!

参拝に訪れた日は、雨でした。

雨の日の紫陽花は艶やかで、
より一層、色鮮やかに輝いて見えました。

梅雨を楽しく感じさせてくれる紫陽花を見に、お出かけてみてはいかがでしょうか?

Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

3

正月飾りやお守り、お札などを燃やす火祭り行事「どんど焼き」 今回は、地域によっては「とんど」「左義長」とも呼ばれる「どんど焼き」の意味、地域による呼び方や内容の違いなど「どんど焼き」にまつわる豆知識を ...

4

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

5

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

6

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

7

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

8

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

9

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

10

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

11

福岡市博多区の「櫛田(くしだ)神社」、お櫛田さんと呼ばれ親しまれている博多の総鎮守です。 7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなど、多くのお祭りで賑わう神社です。 そんな櫛田神社の節分大祭は、巨大 ...

12

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

13

お正月三が日が過ぎ1月7日に食べる「七草粥」は、平安時代にはあったと言われています。 その風習は今も受け継がれ、スーパーに並んだ春の七草を買い求める姿も多く見かけます。 そんな七草粥ですが、京都伏見に ...

14

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

15

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

16

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

17

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて何度も訪れたくなる場所です。 市内には、観光スポットが点在していて、バスや電車を利用して各地を巡る観光客の方も多いのです。 京都の観光名所を巡るなら ...

-寺院