寺院

世界遺産|仁和寺“江戸時代から愛される桜や国宝”見どころ紹介

京都市右京区にある仁和寺は、世界遺産に登録されていて桜で有名な寺院です。

京都でも人気の観光スポットとなっていて、広い境内はいつも多くの参拝者で賑わっています。

今回は、仁和寺の歴史やみどころ、アクセスなどをご紹介します。

仁和寺(にんなじ)

仁和寺は、仁和4年(888)に創建された寺院であり、現在は真言宗御室派の総本山です。

仁和寺は、仁和2年(886年)に第58代光孝天皇によって「西山御願寺」と称する一寺の建立を発願されたことが始まりです。

発願された翌年に、光孝天皇は志半ばにして崩御され、第59代宇多天皇がその遺志を継ぎ、仁和4年(888年)に完成しました。

この時に、寺号も元号から「仁和寺」となりました。

その当時の年号「仁和」から、「仁和寺」の名がついたといわれています。

寛平9年(897年)に譲位した宇多天皇は、後に出家して仁和寺の第1世 宇多(寛平)法皇となりました。

寺内に「御室」という僧坊を立てて移住したことから、「御室御所」とよばれました。

これ以降、仁和寺の代々住職(門跡)を皇室出身者が務め、平安時代から鎌倉時代は門跡寺院として最高の格式を保っていたそうです。

しかし、仁和寺は、応仁の乱でほとんどを兵火で焼失していましました。

ほとんどを焼失してしまう状況の中、ご本尊の阿弥陀三尊をはじめ什物や聖教などは、「真光院」に移され伝えられていきました。

「仁和寺御伝」に伝わるとことによると、寛永11年(1634年)、仁和寺第21世 覚深法親王が徳川幕府3代将軍家光に仁和寺再興を申し入れ、承諾され、ようやく再興されることとなりました。

慶長時代の御所建て替えもあり、御所から「紫宸殿(現 金堂)」、「清涼殿(御影堂)」などの建造物が下賜され、正保3年(1646年)に伽藍の再建が完了し、創建時の姿を取り戻すことが出来ました。

1994年にはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

桜の名所として人気の仁和寺「御室桜(おむろざくら)」

仁和寺は、桜の名所としても人気のスポットで、境内には、御室桜、染井吉野やしだれ桜を合わせ約550本の桜があるのだそうです。

勅使門の前や、先ほど紹介した金堂の前など、境内の至る所で桜を楽しむことができます。

その中でも、中門内の西側で咲くのが「御室桜(おむろざくら)」は特に人気です。

御室桜の見頃は4月中旬で、満開の時期だけでなく、散り始めの姿もとても美しく、目を楽しませてくれます。

御室桜は、遅咲きで背が低いのが特徴です。

数多くの和歌や書物に記されており、戸時代の頃から庶民に親しまれてきた桜です。

数多く桜の名所が存在する京都の中でも、人気の桜名所として多くの人が花見に訪れます。

1924年に「御室桜」は、国の名勝に指定されています。

仁和寺の見どころ

仁和寺の境内に仁王門をくぐって足を踏み入れると、国宝の金堂や重要文化財の御影堂など、雅な建築物が点在し、数多くの見どころが存在します。

白書院・黒書院と御殿回廊でつながれた宸殿の南北には、2つの庭園が広がり、北庭では五重の塔を借景とする素晴らしい風景を楽しむことができます。

ここでは、仁和寺の見どころをご紹介します。

※通常、内部を拝観できるのは御殿のみとなっていますが、金堂・五重塔なども特別公開される期間があり見ごたえタップリですので、ぜひ公開される際には、内部拝観もしてみて下さい!

“京都三大門”のひとつ「仁王門」

仁和寺の正門である「仁王門」は、正面の左右に「阿吽の仁王像」、後面に「唐獅子像」が安置されています。

知恩院の三門と、南禅寺の三門とともに「京都三大門」のひとつに数えられています。

重要文化財に指定されています。

関連オススメ記事


関連オススメ記事


御殿と名勝庭園

仁王門をくぐってすぐ左手に現れるのが「御殿」です。

御殿は、「宸殿(しんでん)」や、茶室の「飛濤亭(ひとうてい)」など、7つの建造物と、庭園(北庭と南庭)によって構成されています。

御殿内にある仁和寺の庭園は、趣深い景観であることが評価され2021年3月26日に国名勝庭園に指定されています。

※令和4年2月7日(月)から令和5年8月末日までは、仁和寺御所庭園内の「黒書院」全面修理工事を行っています。

仁和寺唯一の国宝「金堂」

仁和寺が保有する唯一の国宝が、「金堂(こんどう)」です。

仁和寺の本尊である阿弥陀三尊が、安置されています。

寛永年間(1624〜1643年)に御所から移築されたもので、現存する最古の「紫宸殿(ししんでん)」です。

堂内には、四天王像なども安置され、壁面には極彩色の観音図などが描かれています。

春には桜、秋には紅葉とのコラボが美しい「五重塔」

徳川家光の寄進によって建てられたと伝わる「五重塔」です。

その高さは約36mで、重要文化財に指定されています。

各層の大きさがほぼ同じで、江戸時代の五重塔の特徴が残っています。

仁和寺の境内で特に高い建造物で、御殿の庭の借景としても楽しむことができ、また春は桜、秋は紅葉との共演も見ものです。

「御影堂」重要文化財

金堂と同じく、寛永年間(1624〜1643年)に御所から移築されたものです。

御所の「清涼殿」だったことから、昭和の屋根の葺き替え工事の際には、垂木などの資材に「せいりやうでん」と書かれた墨書が見つかったそうです。

「観音堂」重要文化財

観音堂は、江戸時代初期の再興から屋根の葺き替えを一度行ったのみでしたが、2012年に解体しての過去最大規模の修繕工事が行われ、2019年に工事完了しています。

ご本尊は千手観音菩薩です。

【仁和寺】アクセス基本情報


【仁和寺】基本情報

住所:〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
電話:0754611155
拝観時間:3~11月 / 9:00~17:00(受付 16:30まで) 12~2月 / 9:00~16:30(受付16:00まで)
拝観料金:仁和寺御所庭園 大人800円
HP:http://www.ninnaji.jp/
アクセス:嵐電「仁和寺駅」徒歩約3分、市バス「御室仁和寺」徒歩約1分 | JR嵯峨野線「花園駅」 徒歩15分

仁和寺は、京都駅からは電車やバスを乗り継いで、30分から40分程でたどり着けます。

桜の名所である仁和寺は、春になると混雑が予想されるため、ピーク時はもちろん、普段の参拝から公共交通機関の利用がおすすめです。

電車とバスどちらを利用しても最寄駅からは近いため、移動にも便利です。

仁和寺は、一部の施設を除き無料で散策を楽しめ、ぐるっと一周回ると30分以上かかるほどの広さです。

通常内部拝観は御室のみです。


仁和寺は、世界遺産に登録されている金閣寺や竜安寺などがある洛西にあります。

京都観光の際には、まとめて世界遺産めぐりをしてみてはいかがでしょうか?

関連オススメ記事


関連オススメ記事


Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

3

京都の繁華街、四条駅から歩いて5分ほどの場所に「繫昌(はんじょう)神社」があります。 「繫昌神社」と聞くと、もう絶対商売繁盛のご利益があるとしか思えない、縁起の良い名前ですよね!「日本で唯一の商売繁盛 ...

4

厄年の時って「悪い事がおきる」とか「物事が上手くいかない」とか「周りの人に不運が起きる」とか、なんだか怖いと思わずにはいられないことを色々言われますよね。 「気持ちの問題でしょ?」と思いつつ、どうして ...

5

京都市左京区にある世界遺産「下鴨神社」では、3月3日の桃の節句ひな祭りに、鴨神社の境内に流れる、みたらし川で「流し雛」が行われます。 毎年恒例の神事なのですが、コロナウイルス感染症の予防対策のため数年 ...

6

城南宮は、北野天満宮と並ぶ京都の梅の二大名所として有名です。 境内には150本のしだれ梅と300本の椿があり、京都でいち早く春の訪れを感じられる梅の名所です。 しだれ梅の見ごろの時期には、一面に咲き乱 ...

7

大阪「住吉大社」、毎月初めの辰の日におまいりする「初辰まいり(はったつさん)」は、商売発達・家内安全を願って遠方から訪れる人も多く、早朝から大勢の参拝客で賑わいます。 今回は、住吉大社の「初辰まいり( ...

8

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

9

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

10

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

11

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

12

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

13

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

14

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

15

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

16

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

17

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

-寺院