大阪「船場のごりょうさん」御霊神社

未分類

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

今日は、大阪のビジネス街である淀屋橋に鎮座する御霊神社をご紹介します。

境内の様子やご利益、アクセスについてお届けします!

御霊神社(ごりょうじんじゃ):大阪市

御霊神社は、大阪の船場(せんば)・中之島・京町堀(きょうまちぼり)・靱(うつぼ)などの旧摂津国津村郷の産土神として信仰を集めた神社です。

今でも「船場のごりょうさん」の愛称で親しまれています。

御霊神社の歴史

現在の靭(うつぼ)辺りは、昔は葦の茂る円形の入り江で「圓江(つぶらえ)」といいました。ここに産土神を祀る「圓神祠(つぶらしんし)」が建てられたのが、御霊神社の始まりとされています。

瀬織津比売神、津布良彦神、津布良媛神が祀られ、圓神社、圓江神社、津村神社と呼ばれていました。

文禄3(1594)年に、因幡国鹿野藩主の亀井茲矩から船場の自邸敷地の一部を寄進され、圓江から現在の船場へ移りました。

その本殿へ、豊臣秀吉が小祠乾八幡宮と源正霊社を合祀し、「御霊神社」という名称になりました。

明治から大正までは、境内で人形浄瑠璃の「御霊文楽座」の興業が行われ、見世物小屋や夜店が建ち並び賑わっていたと言います。(御霊文楽座は、国立文楽劇場の前身)

御霊神社の境内

こちらが鳥居です。

鳥居の左には由緒書きがあります。

鳥居をくぐると目の前に、本殿があります。

鳥居くぐってすぐ右手にあるのが、東宮です。

皇大神宮、恵比寿神社、猿田彦神社、摂社十二神社が合祀されています。

右奥には、末社の松ノ木神社があります。

写真の右側、木に隠れて見えにくいですが、こちらも末社で大国社です。

御霊神社のご利益

縁結びや厄除け、美肌、金運、商売などにご利益がある神様が祀られています。

大国社や東宮の五福恵比寿神社には、金運アップや商売繁盛のご利益があります。

特に女性に嬉しいご利益が得られるのが、境内の北側にご神木の楠です。

この楠は、空襲で境内が焼失した際に焦げてしまったのですが、その状態から再生したそうで、今では肌によい木と言われ「肌まもりの木」と呼ばれるようになり人気になっています。

この楠の幹に、手を触れてお祈りすると美肌になるご利益があるそうです。

アクセス

大阪市中央区淡路町4-4-3

大阪市内で駐車場はありませんので、電車がおすすめです。

上の写真は、大阪市の都心部を南北に縦断する大阪を代表する幹線道路「御堂筋」から撮ったものです。オービック御堂筋ビルとコインパーキングの間を見ると御霊神社が見えています。

大阪メトロ御堂筋線の「淀屋橋駅」13番出口から徒歩約5分、大阪メトロ四ツ橋線「肥後橋駅」6番出口からは徒歩約6分です。

ちなみに、淀屋橋駅は「梅田」から一駅で、梅田駅から歩いても15分ほどしかからない便利な場所にあります。

この日もビジネス街にあるだけあって、出勤や営業途中のビジネスマン、商売をされている方が、ひっきりなしに参拝に訪れていました。アクセスもよい場所にあるので、参拝してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。