雑学

「おまいり」漢字で書くと「お参り」「お詣り」その違いは?

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと神社仏閣に関わる情報をお届けしていきます。

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。

字が違うから多分何か違いがあるだろうけど、何が違うのか良くわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで、今日はブログのタイトルにもなっている「おまいり」の漢字の違いについてお届けします。

「お参り」と「お詣り」の違いと意味

「お参り」と「お詣り」の違いを分かりやすく言うと、仏様に向かってお祈りをするか、神様に向かってお祈りをするかの違いだと言われています。

お参りは、仏様に手を合わせたり、ご先祖様のお墓に行く

お詣りは、神社で神様にお祈りする

ここで注意!!

辞書では「お詣り」という漢字で調べても記載がないことが多いです。

そして「詣でる」で調べると記載されていることが多いです。

「お参り」と「お詣り」の使い分け

「お参り」が仏様、「お詣り」が神様ということは、お寺に行くときは「お参り」で、神社に行くときは「お詣り」ということになります。そのため以下のような使い方をするのが一般的です。

神社の神様にお詣りをする

仏閣の仏様にお参りをする

一般的にと言ったのには、2つの理由があります。

<1つ目の理由>

厳密に使い分けられているわけではないということです。近年では「詣」という言葉が使われなくなってきたこともあり、お参りの方が多く使われています。

<2つ目の理由>

そもそも昔は『神仏混合』といって、「神道(神様)と仏教(仏様)」の区別は明確ではなかったということです。明治元年に神仏分離令が発令され、今のように区別するようになりました。

では、次にすこし「神仏混合」と「神仏分離」について、解説します。

「神仏混合」と「神仏分離令」

もともと日本には、日本元来の信仰(神道)がありました。

6世紀ごろから、インド発祥で中国~朝鮮半島から仏教が伝来し、お互いに影響し合うようになりました。そこで、日本本来の信仰を明らかにしようと考えたのが神仏分離ということになります。

神仏分離令によって、神社と寺院は分けられたことで、「神社には日本古来の神様が祀られる」「寺院にはインド発祥の仏や仏教の神が祀られる」という住み分けができたわけです。

しかし、そもそも神仏は区別されていたわけではなく、お互いに影響し合っていたわけですから、そのころ神社の中に寺院があったり、寺の中に日本の神様が祀られたりしていました。今でもお寺に行くと、境内に鳥居があったり、神社の様式が見受けられるところがありますね。

また、お宮詣りや初詣などは、地域によって、神社ではなくお寺に初詣に行くところもありますし、神社ではなくお寺にお宮詣りをするところもあります。これもそのころの名残です。ですから、お宮詣りや初詣も神社、寺、どちらに行っても間違いではないということです。

神仏分離令によって、神道(神様)と仏教(仏様)が、区別されるようにはなりましたが、近年では、「お参り」と「お詣り」の違いはほとんどなくなっています。使い分けはほとんどされていません

先ほども少し触れましたが、辞書では「お詣り」と索引してもないことが多く、一方「お参り」と索引すると、寺社仏閣へ訪れることなっています。

つまり、どちらの漢字を使っても、間違いにはならないということです。

まとめ

今日は、お参りとお詣りの使い分けについてご紹介しました。

まとめです。

春日大社かすがたいしゃ

【一般的に】 

お参り= 仏様ご先祖様が対象。お寺やお墓・仏壇で拝むこと。

お詣り= 神様が対象。神社や神棚にお祈りすること。

ただし、

厳密に使い分けられているわけではない。

どちらの漢字を使っても、間違いとは言えない。

近年では「お参り」の方が多く使われている。

いかかでしたでしょうか?

色んな歴史があって、それによって風習や言葉も変化していっているんですね。

-雑学