京都紅葉の名所「真如堂」 1000株の紫陽花と、季節の花手水

寺院

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

紅葉で有名な真如堂(しんにょどう)ですが、実は本堂裏には1000株の紫陽花があり、知る人ぞ知る紫陽花の撮影スポットとなっています。

今日は、真如堂の紫陽花と、季節のお花で参拝者を楽しませてくれる花手水をご紹介します。

真如堂

真如堂は、永観2(984)年に戒算上人が開創しました。

正式名称は、鈴聲山真正極楽寺(れいしょうざん しんしょうごくらくじ)と言います。「極楽寺と名乗る寺は多いが、ここが正真正銘の極楽の霊地」という意味を込めて名づけられています。

「真如堂」と言う名は、お堂をあらわし、これが通称として定着したのだそうです。

当初は別の地にありましたが、応仁の乱のあと移転を繰り返し、1693年現在の地に移転されています。


枯山水庭園・涅槃の庭やご本尊・阿弥陀如来立像「うなずきの弥陀」、紅葉と、見どころの多い人気の観光スポットとしても有名です。

季節折々のおもてなし「花手水」

このところ手水舎を花で飾って「花手水」で参拝者をもてなす神社仏閣がおおくなっていますが、真如堂の手水舎も花手水になっていて、撮影スポットとしておすすめです。

この日の花手水は、紫陽花と青もみじでした。

紫陽花は、手水舎の上に、そして青もみじは水の中に沈められていて何とも不思議ながら、涼しさを演出しています。

手水舎の向こう側には、もみじの木が立っているため、水面にはもみじが映り込み、水を通して花や木をいろんな角度から楽しむことができます。

上の写真は、庭園の拝観の時に撮影したものです。

お庭の手水舎にも紫陽花と青もみじが飾られ、波紋が静けさを感じさせてくれています。

季節のお花でおもてなししてくださる真如堂の花手水は、日々お花が変わります。

参拝した時にどんなお花が飾られているか楽しみですね。

宝蔵・万霊堂を囲む紫陽花

真如堂の紫陽花は、鐘楼の回りや宝蔵や万霊堂を取り囲むように、1000株ほど植えられています。

見頃は、6月初旬~7月初旬です。

2018年ごろから、ホームページで「不要になった紫陽花の鉢植えや株をおゆずりください」と呼びかけていて、紫陽花が増えていったようで、紫陽花の名所としてはまだ穴場的存在と言えるかもしれません。

本堂を右に進むと、鐘楼の周りに紫陽花が咲いています。

そして、本堂裏の万霊堂をぐるりと囲むように紫陽花が咲いています。

色とりどりの紫陽花が、白い建物を引き立てています。

万霊堂横の宝蔵の周りも、見事に紫陽花が取り囲んでいます。

種類もいろいろあるので、ゆっくり見て楽しんでみて下さい。

くるくるっとしたかわい紫陽花や、

赤くて渋いの紫陽花もあります。

紫陽花の花道のようになっていて、撮影スポットとしてもおすすめです。

前日の雨で、紫陽花の色も美しく、周りの青もみじや苔も生き生きとしていました。

アクセス

京都市左京区浄土寺真如町82

最寄りのバス停は、「真如堂前」または「錦林車庫前」となります。

どちらも歩いて8分ほどです。

いかがでしたでしょうか?

真如堂と言えば、紅葉を思い浮かべる方も多いと思いますが、美しい青もみじと1000株の紫陽花が一緒に楽しめる梅雨の時期もおすすめですよ。

それでは、また。