神社

「日本三大天神」太宰府天満宮・北野天満宮、気になるもう1社は⁉

今回は、日本全国にある天神さまの中でも、道真公と特に縁深く「日本三大天神」と称される天満宮3社をご紹介します。

ただし、「三大○○」にはつきものなのですが、日本三大天神にも諸説あります!

まずは、一般的にゆるぎない2社をご紹介した後、最後のもう1社を諸説も含めてご紹介ますね!

【日本三大天神】一般的にゆるぎない2社は「総本宮」と「総本社」

天満宮とは、菅原道真公を祭神とする神社のことす。

学問の神様として受験生を中心に絶大な人気を誇っている天満宮は、「天神」や「天神さま」という呼び方で親しまれています。

日本全国に、およそ12,000社あると言われる天神信仰の神社「天満宮」のうち、代表的な3社のことを「日本三大天神」と称します。

それでは、まずは一般的にゆるぎないと言われる2社をご紹介しますね。

総本宮「太宰府天満宮」~ 道真公最後の地 ~

まずご紹介するのは、日本全国に約12,000社ある天満宮・天神の総本宮として知られる福岡の太宰府天満宮です。

朝廷での勢力争いに巻き込まれ、失意のうちに京都から太宰府へと左遷された菅原道真公は、この地で人生の最期を迎えました。

太宰府天満宮には、年間に約1000万人の参拝者が訪れ、全国各地にある天満宮の中で年間参拝者数が最も多い天満宮でもあります。天満宮と言えば、ここ太宰府天満宮を思い浮かべる方も多いかもしれません。

太宰府天満宮では、毎年10月1日〜31日に「特別受験合格祈願大祭」が行われます。

この期間中は「飛龍天神ねぶた」で門が装飾され、龍のように「試験を突破」「難関を突破」できるよう祈願しながら、多くの受験生やその家族が門を通り抜けます。

基本情報はこちら

総本社「北野天満宮」~ 天神さま発祥の地 ~

次にご紹介するのは、天神信仰の発祥の地で、日本全国の天満宮・天神の総本社として知られる京都の北野天満宮です。

お生まれになった時から、政略により無実の罪で大宰府に流されるまで、菅原道真公が過ごされた地が京都です。

北野天満宮は、受験生の合格祈願スポットとしてだけではなく、京都の観光スポットとしても有名で、毎月25日の縁日や、名所として有名な梅の花・紅葉の時期には、境内がライトアップされ、多くの参拝者で賑わいます。

基本情報はこちら

【日本三大天神】最後の1社は?

最後の1社が、諸説あるというのは「三大○○」にはつきものなのですが、日本三大天神にも諸説があり、「我こそは!」と名乗りを上げる天神社が日本各地にあります。

ここではその中でも、一般的に「日本三大天神」の1社として、名前をあげられることが最も多い最後の1社と、その他の諸説もご紹介します。

「防府天満宮」~日本で最初の天神様~

一般的に「日本三大天神」の1社として、名前をあげられることが最も多いのは、山口の防府天満宮です。

菅原道真公が亡くなった翌年に創建された「日本で最初の天神様」として有名な天満宮です。

防府天満宮の授与品には、「受験合格お守りセット」というものがあります。

中には、御神札・お守り・祈願絵馬・菅公鉛筆、それと「合格はちまき」が入っています。

この「合格はちまき」は、めでたく志望校に合格した受験生たちが、お礼の気持ちを込めて返納するという伝統があります。

この返納された「はちまき」は、毎年12月中旬に巫女さんが、洗濯しアイロンをかけます。

この合格した先輩方の縁起のいいはちまきですが、希望者には無料で配布され、受験生の強い味方アイテムとなってくれます!

基本情報はこちら

「三大天神」諸説あり!

ご紹介した3社の他に、日本三大天神の3社目として、名乗りを上げる天神社が日本各地にあります。

3社目として名前があがる何社かをご紹介していきましょう。

●曽根田天満宮(福島県福島市)
●小平潟天満宮(福島県猪苗代町)
●大生郷天満宮(茨城県常総市)
●亀戸天神社 (東京都江東区)
●荏柄天神社 (神奈川県鎌倉市)
●大阪天満宮 (大阪府大阪市)
●和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市)
●曽根天満宮 (兵庫県高砂市)

さきほど、日本三大天神の3番目には、一般的には山口県の防府天満宮(ほうふてんまんぐう)があげられることが多いとご説明しました。

茨城県常総市にある大生郷天満宮も3社目に名前を聞くことがあります。これは、関東から東北にある天満宮の中では最も古い天満宮とされていて、菅原道真の遺骨が祀られているなどの理由からのようです。

名前があがるそれぞれの神社に、それなりの理由があって、調べてみるのも楽しめますよ!

【日本三大天神】まとめ

学問の神様・菅原道真公をお祀りする天満宮を代表する「日本三大天神」は、

諸説があり3社目に名乗りをあげる神社は多いものの、


「太宰府天満宮」総本宮
「北野天満宮」 総本社
「防府天満宮」 日本最初の天神様

上の3社と言われることが、一般的には多いということでした!

Pickup

1

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

2

「何事にも打ち勝つ開運の神」として全国で信仰されている「宮地嶽神社」の総本宮が、福岡県福津市にある「宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)」です。 宮地嶽神社は、もともと地元福岡では人気の神社なのですが、嵐 ...

3

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

4

秋の京都は、赤や黄色に染まった美しい紅葉をあちこちで楽しむことができます。 その中でも紅葉名所として有名なのが「永観堂」です。 永観堂の紅葉の美しさは、平安時代から「秋は紅葉の永観堂」と謳われ、古くか ...

5

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

6

京都には紅葉を楽しめるスポットが、数多くありますが、京都北区にある「光悦寺(こうえつじ)」も、青もみじや紅葉の時期には、多くの人が訪れる紅葉の名所です。 今回は、歴史的風土特別保存地区に指定され、美し ...

7

SNSがきっかけで、鏡のように映る紅葉の絶景が人気の観光スポットとなっている瑠璃光院、その絶景が見られるのは紅葉シーズンだけではありません! 今回は、京都・八瀬にある瑠璃光院の見どころや、誰でもフォト ...

8

以前は神社仏閣を参拝する目的はすごく限られている印象を持っていたのですが、実は神社仏閣の楽しみ方って人それぞれです。 仏像鑑賞や建築鑑賞、パワースポット巡りなどなど、中でも御朱印集めを楽しんでいる方は ...

9

春の新緑には青々とした緑、秋には真っ赤な世界が、渓谷を埋めつくす美しい景色を楽しみに多くの参拝者が訪れるお寺、それが京都東山にある東福寺です。 今回は、東福寺をご紹介します。 京都を代表する禅寺である ...

10

京都には、紅葉で有名な観光スポットがたくさんありますが、京都山科にある毘沙門堂(びしゃもんどう)もその中のひとつです。 天台宗五箇室門跡の一つにも数えられる毘沙門堂は、紅葉以外にも見どころがたくさんあ ...

11

京都嵯峨野は、多くの寺院が点在し人気の観光エリアとなっています。 そんな人気の嵯峨野に「祇王寺(ぎおうじ)」と言う、小さいながらも紅葉の名所として知られるお寺があります。 今回は、見事な庭園で知られ、 ...

12

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

13

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

14

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

15

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

16

今回は、いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)について、お届けします。 神戸の中華街がある元町駅から歩いて15分ほどの場所に関帝廟(かんていびょう)があります。 ...

-神社