寺院

富山|大仏寺“高岡大仏”は日本三大仏のひとつなの?

富山県第二の都市「高岡」のシンボルと言えば“高岡大仏”です。

今回は、鳳徳山大仏寺にある高岡大仏をご紹介します。

大仏と聞くと、奈良や鎌倉を思い浮かべる方も多いはず、今回は日本三大仏についても解説します!

参拝の後のグルメ情報もお届けするのでお楽しみに!

鳳徳山大仏寺“高岡大仏”

高岡大仏は、富山県高岡市大手町の鳳徳山大仏寺にある大仏です。

高岡大仏と呼ばれていますが、正式名称は「阿弥陀如来坐像」と言います。

市指定文化財に指定され、町のシンボル的存在となっています。

高岡大仏の歴史は古く1221年まで遡ります。

源義勝が、高岡市の最高峰「二上山(ふたがみやま)」の麓に木造大仏を建立したのがはじまりとされています。

もともとは木像で、高さ5メートルほどだったと言います。

その後、1609年に前田利家が現在の場所に移しました。

しかし、1821年に火災により焼失、再建されたものの再び1900年に大火に見舞われ、そのほとんどが失われました。

そんなことから、「焼失しないような大仏を再建してほしい」との声があがり、1907年に高岡銅器の職人の協力のもと、最終的に13トンの青銅を使って、1933年に完成したのが現在の青銅製の大仏様です。

大仏寺“高岡大仏”参拝

高岡大仏を正面から拝観。大仏様の下は、回廊となっています。

本堂は、大仏様から向かって左にあります。
今回の参拝時には、参道が工事中だったため、参道の写真は撮影できませんでした。

日本三大仏とは?

公式ホームページなどを見ると、日本三大大佛高岡大佛と書かれています。

また、“奈良・鎌倉の大仏と並び「日本三大仏」とも称されており”とも書かれています。

そこで、「日本三大仏」を調べてみました。

文句なしで「奈良の大仏東大寺」と「鎌倉の大仏(高徳院)」が日本三大仏のひとつに数えられています

ここまでは、皆さん想像していた通りですよね?

で、残りの一つは?と、なるのですが、

この最後の一つについては、

「日本三大○○」によくある

「はっきりしない」「いくつか上げられる」「時代によって入れ替わっている」と言うパターンが、起こっていました。

日本三大仏:奈良、鎌倉、残りのひとつはどこ?

先ほども言いましたが、奈良の大仏と鎌倉の大仏は、決定です。

残りの一つですが、

  • 岐阜大仏:正法寺
  • 兵庫大仏:能福寺
  • 高岡大仏:大仏寺

現在は、上の3つの候補で取り合っていると言う感じになっています。

高岡大仏が現在の大きさ高さになったのは、再建された1933年のことで、わりと新しいため現在の日本三大仏にあげられるようになったのは、戦後の事のようです。

戦前には、京都の方広寺に「豊臣秀吉が奈良の大仏に負けない大仏を造らせた」と言う金箔で彩色された19mもの高さの“京の大仏”が、日本三大仏のひとつと言われていました。

京の大仏について詳しくはこちら


ちなみに奈良の大仏の高さは18.03m、鎌倉の大仏は台座を含んで13.35m、そして高岡大仏は地表からの高さ15.85mです。

“地表からの高さ”というのがポイントで、高岡大仏は台座のさらに下に回廊があって、その分だけ地表からの高さを稼いでいるというカラクリがあります。

高岡大仏

参拝後はカフェで癒し系“おみくじ棒大仏カステラ”

参拝の後は、お洒落なカフェでまったりと時を過ごしましょう。

高岡大仏の道を挟んで隣にあるお店「amida coffee(アミダコーヒー)」は、2階席からは高岡大仏をドドーンと眺めることもでき抜群の立地です。

かわいい癒し系の「大仏カステラ」しかもドキドキのおみくじ棒付き!や、ラテアートの「大仏ラテ」、リアルな大仏の頭を思わせるケーキ「ホワイトブッダ」と「ブラックブッダ」などなど、もう絶対注文迷うメニューがたくさんあって、楽しめるので是非立ち寄ってみて下さいね!

ちなみにこちらの店頭には、レンタサイクルが並んでいました。

今回は、高岡大仏ご高岡めぐりの最終地だったためお世話にはならなかったのですが、高岡には「国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)」や「高岡城跡(たかおかじょうあと)」や土蔵造りの町並みで有名な「山町筋(やまちょうすじ)」などなど他にもおすすめの場所が点在しているので、まち巡り用のレンタサイクルとして活用するのも良さそうですね!

【高岡大仏】アクセス基本情報


【高岡大仏】基本情報

住所:富山県高岡市大手町11−29
電話:0766239156
拝観時間:6:00~18:00
HP:http://www.takaokadaibutsu.xyz/
アクセス:万葉線「坂下町」から徒歩約5分
     あいの風鉄道「高岡」から徒歩約10分
     


Pickup

1

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

2

「何事にも打ち勝つ開運の神」として全国で信仰されている「宮地嶽神社」の総本宮が、福岡県福津市にある「宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)」です。 宮地嶽神社は、もともと地元福岡では人気の神社なのですが、嵐 ...

3

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

4

秋の京都は、赤や黄色に染まった美しい紅葉をあちこちで楽しむことができます。 その中でも紅葉名所として有名なのが「永観堂」です。 永観堂の紅葉の美しさは、平安時代から「秋は紅葉の永観堂」と謳われ、古くか ...

5

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

6

京都には紅葉を楽しめるスポットが、数多くありますが、京都北区にある「光悦寺(こうえつじ)」も、青もみじや紅葉の時期には、多くの人が訪れる紅葉の名所です。 今回は、歴史的風土特別保存地区に指定され、美し ...

7

SNSがきっかけで、鏡のように映る紅葉の絶景が人気の観光スポットとなっている瑠璃光院、その絶景が見られるのは紅葉シーズンだけではありません! 今回は、京都・八瀬にある瑠璃光院の見どころや、誰でもフォト ...

8

以前は神社仏閣を参拝する目的はすごく限られている印象を持っていたのですが、実は神社仏閣の楽しみ方って人それぞれです。 仏像鑑賞や建築鑑賞、パワースポット巡りなどなど、中でも御朱印集めを楽しんでいる方は ...

9

春の新緑には青々とした緑、秋には真っ赤な世界が、渓谷を埋めつくす美しい景色を楽しみに多くの参拝者が訪れるお寺、それが京都東山にある東福寺です。 今回は、東福寺をご紹介します。 京都を代表する禅寺である ...

10

京都には、紅葉で有名な観光スポットがたくさんありますが、京都山科にある毘沙門堂(びしゃもんどう)もその中のひとつです。 天台宗五箇室門跡の一つにも数えられる毘沙門堂は、紅葉以外にも見どころがたくさんあ ...

11

京都嵯峨野は、多くの寺院が点在し人気の観光エリアとなっています。 そんな人気の嵯峨野に「祇王寺(ぎおうじ)」と言う、小さいながらも紅葉の名所として知られるお寺があります。 今回は、見事な庭園で知られ、 ...

12

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

13

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

14

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

15

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

16

今回は、いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)について、お届けします。 神戸の中華街がある元町駅から歩いて15分ほどの場所に関帝廟(かんていびょう)があります。 ...

-寺院