神社

東京縁結びスポット|赤坂氷川神社|かわいい“さくらんぼ”で良縁を結ぼう!

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。

厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。

今回は、そんな赤坂氷川神社をご紹介します。

赤坂氷川神社

赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)は、天暦5年(951)に現在の赤坂見附駅のあたりに祀られたのが始まりと伝わる1000年以上の歴史をもつ神社です。

江戸時代に入ると幕府からの信仰を集めるようになりました。

赤坂氷川神社は、紀州藩中屋敷のあった赤坂の土地の守り神であることから、紀州藩の藩主であった徳川吉宗が江戸幕府8代将軍になるにあたり、神社の移転することになり、享保14年(1729)現在の地に社殿が建立され、遷座が行われました。

都指定有形文化財に指定されている江戸時代に建てられた社殿は、安政の大地震や関東大震災、東京大空襲などの被災を免れ、現在も当時のままの姿を残していて、この奇跡に何らかの力の働きやご利益の強さを感じずにはいられません。

祭神は、「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」、「奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」、そして縁結びの神様として有名な「大己貴命(おおなむぢのみこと)」が、祀られています。

赤坂氷川神社でしたい3つの“縁結び”祈願

東京都内には、数々の縁結び神社が存在しますが、中でも赤坂氷川神社は東京三大縁結び神社の一つとも言われ、人気の縁結びスポットとなっています。

そんな赤坂氷川神社で、縁結び祈願をするなら必ずしたい3つの事をご紹介します!

さくらんぼ結び

“さくらんぼ結び”と言う名前だけでも、可愛くて縁結びテンション上がりますよね!

この“さくらんぼ結び”は、ちりめん生地で作られた根付のさくらんぼです。

可愛いうさぎの横に置かれている“さくらんぼ結び”は、ちりめんの柄が少しずつ違っていて、気に入ったものを選ぶのも楽しいです。

“さくらんぼ結び”は、1体ずつ巫女さんが赤い糸を結びつけています。

この赤い糸には、災いを防ぎ、運命の人へ導く力があると言われています。

選んだ“さくらんぼ結び”に縁結びの願いを込めたら、すぐ側ににある「願の木」にさくらんぼを結びましょう。

この願いの木、遠目からでもカラフルで可愛いんです!

この木は、「梛(なぎ)の木」で、梛の木は古来から「縁結び木」と言われている木なのだそうです。

“さくらんぼ結び”の中には「恋みくじ」も入っていま。

しっかりとおみくじの中を読んで、おみくじ掛けに結ぶか大切にお持って帰りましょう。

関連オススメ記事

縁結ひ(えんゆい)

一瞬「縁結び(えんむすび)」と読みそうになりますが、よくみると濁点がない「縁結ひ」で、読み方は「えんゆい」です。

日本には、願いをしたためた紙を社寺の格子に結い、縁結びを願う風習がありました。

この風習にちなんで、季節の和紙に願い事を書き、その成就を祈る「縁結ひ」を行うようになったのだそうです。

お願い事を結んぶ格子は、かつて御社殿で使われていたもので、数多くのご縁を見守ってきた縁起ものです。

縁結び参り

縁結び参りは、予約制の神事で、毎月1日9時から翌月の受付が開始されます。

受付を始めるとすぐに埋まってしまうほど人気なので、申し込み希望の方は1日に待機して予約しましょう!

方法は、毎月1日の9時に公式サイトのトップページで発表される翌月分の斎行日を確認し、電話またはお問い合わせフォームから予約します。

定員30名ですよ!

祈祷料は3,000円~で、祈祷の後、御神前にお供えした授与品の縁結守と四合御櫛(しあわせみくし)を授与頂けます。

ちなみに、年に2回女性限定で、3月3日に行われるひな祭りの「桃の節供」にちなんだ縁結び参りと、7月7日の日本の七夕・乞巧奠の由来にちなんだ縁結び参りが行われます。

赤坂氷川神社の神前式も大人気で、参拝した日も結婚式の打合せに訪れているカップルがいました。

赤坂氷川神社見どころ

境内には、江戸時代に作られた数多くの鳥居や燈籠、狛犬があり、歴史の流れと重みを感じられる場所になっています。

樹齢400年の大銀杏もたっています。

大銀杏の左は、包丁塚と大きな鳥居があります。

そこを下った先の左手には「四合稲荷(しあわせいなり)」があります。

四合とは四つの稲荷を合祀していることから付けられた名前で、名付けたのは勝海舟と伝わっています。

ここから徒歩で5分ぐらいの場所に勝海舟の邸宅跡もあり、幕末の英雄が名付けた稲荷が今も残されているのです。

都心にありながら自然豊かで歴史を感じる場所です。

境内には「山車展示場」があり、貴重な江戸型山車が展示されています。

江戸一番の祭は山王日枝・神田明神の天下祭でしたが、最盛期の赤坂氷川祭はそれに次ぐ規模だったのだそうです。

境内には、絵馬がたくさんの奉納されています。

多くの人の願いが込められた絵馬が、綺麗に並んで奉納されています。

三の鳥居の先に手水舎があります。

その先の中門を抜けると、社殿があります。

小さな社殿ですが、落ち着いた赤の社殿がいい雰囲気を醸し出しています。

屋根を支えている部分の飾りが、大正ロマン的で素敵でした!

美しき江戸時代の社殿の右側が社務所です。

人気のお守りや御朱印もいただけますよ!

【赤坂氷川神社】アクセス基本情報


【赤坂氷川神社】基本情報

住所:東京都港区赤坂6-10-12
電話:0335831935
閉開門時間:6:00~17:30
社務所受付時間:9:00~17:00
HP:http://www.akasakahikawa.or.jp/
アクセス:千代田線 「赤坂駅」・日比谷線/大江戸線 「六本木駅」・銀座線 「溜池山王駅」
境内には9台の駐車スペースあり


2023年には、ジャニーズ事務所が17年ぶりに成人式を行ったのですが、その場所がここ赤坂氷川神社だったことでも話題になりました。

三の鳥居の側にある寄進礼板を見ていると、そこにもジャニーズの企業名が記されていて、ファンの方かな?と思うような方たちも多く参拝されていました。

赤坂付近で宿泊して東京都内散策なら、人気のホテルはここから検索できますよ!


関連オススメ記事

Pickup

1

京都宇治市の「三室戸寺」は、「花の寺」として有名な寺院です。 四季を通じてシャクナゲ、つつじ、あじさい、蓮の花などの花々が咲き、 また、境内の新緑や紅葉、雪景色など、四季折々の表情が楽しめるお寺です。 ...

2

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

3

京都にある善峯寺(よしみねでら)は、桜や紅葉、また立派な松があることで知られています。 そして、もうひとつ、梅雨の時期のお楽みが「紫陽花」です。 善峯寺の紫陽花は、京都でも一、二を争う名所として有名で ...

4

普段は非公開の建仁寺の塔頭「両足院」ですが、庭園の半夏生の開花にあわせ、毎年初夏の特別公開が行われます。 今回は、両足院の特別公開をご紹介します。 両足院(りょうそくいん) 両足院は、臨済宗建仁寺の塔 ...

5

京都の人気観光スポット平安神宮ですが、その奥に「神苑」名勝池泉回遊式の庭があるのをご存じですか? 平安神宮は拝観時間内参拝自由で拝観料はかかりませんが、その奥の神苑の見学には通常拝観料金が必要です。 ...

6

以前は神社仏閣を参拝する目的はすごく限られている印象を持っていたのですが、実は神社仏閣の楽しみ方って人それぞれです。 仏像鑑賞や建築鑑賞、パワースポット巡りなどなど、中でも御朱印集めを楽しんでいる方は ...

7

京都・妙心寺の塔頭で、妙心寺境内の東側に位置する東林院(とうりんいん)は、本堂前庭に十数本の沙羅の木があり、その花が美しい寺として有名です。 東林院は通常非公開の寺院ですが、毎年3回特別公開が行われて ...

8

京都の紅葉スポットとして有名な「真如堂(しんにょどう)」ですが、実は本堂裏には1000株の紫陽花があり、知る人ぞ知る紫陽花の撮影スポットとなっているのをご存じでしょうか? 今回は、真如堂の紫陽花をご紹 ...

9

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

10

京都嵯峨野は、多くの寺院が点在し人気の観光エリアとなっています。 そんな人気の嵯峨野に「祇王寺(ぎおうじ)」と言う、小さいながらも紅葉の名所として知られるお寺があります。 今回は、見事な庭園で知られ、 ...

11

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

12

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

13

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

14

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

15

今回は、いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)について、お届けします。 神戸の中華街がある元町駅から歩いて15分ほどの場所に関帝廟(かんていびょう)があります。 ...

16

2023年は卯年です。 干支にちなんだ神社仏閣に参拝して開運祈願めぐりをしてみてはいかがでしょうか? 今日は、京都の卯年とゆかりの深い神社・寺院の中から厳選した5社寺をご紹介します! ちょっと残念なお ...

-神社