京都宇治の花の寺・三室戸寺のあじさい園

寺院

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。

「花の寺」として知られている京都宇治市の「三室戸寺」は、四季を通じてシャクナゲ、つつじ、あじさい、蓮の花、また境内の新緑や紅葉、雪景色など、四季折々の表情が楽しめるお寺です。

そんな中でも、毎年6月上旬から7月上旬ごろまで公開される三室戸寺のあじさい園は、紫陽花がなんと、約50種・約2万株も植えられ管理されています。

今日は、「あじさいの寺」とも呼ばれている三室戸寺のあじさい園をご紹介します。

三室戸寺の歴史

三室戸寺(みむろとじ)の起源は明確にはわかっていません。

寺伝によると、宝亀元(770)年に光仁天皇の勅願により、南都大安寺(だいあんじ)の僧・行表(ぎょうひょう)が岩淵から出現した千手観音菩薩を本尊として創建したのが始まりとされています。

三室戸寺は、創建当初には御室戸寺と称していましたが、光仁・花山・白河の三天皇が離宮となったことから御室戸寺の「御」を「三」に替えて三室戸寺と改められました。

三室戸寺・あじさい園公開

三室戸寺は、あじさいの寺や花の寺とも呼ばれ、紫陽花の名所として、全国第3位に選ばれたこともあります。

三室戸寺にあるあじさい園の公開は、毎年あじさい園に植えられている約50種、約2万株の紫陽花が見ごろを迎える時期に行われます。

山門を抜け右にあるツツジから下をのぞき込むと、色とりどりの紫陽花が庭に広がっているのが見えます。

では早速、あじさい園に咲く紫陽花をご紹介していきましょう。

紫陽花は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本原産とも言われています。

鮮やかなピンクの向こうには、赤やブルーの紫陽花もあります。

紫陽花は、土のペーハーによって色が変わることから、七変化・八仙花とも言われています。

土が酸性の場合は青、土が中性やアルカリ性の場合は赤になります。

花言葉は、花の色が咲き始めからだんだん変化することから「移り気」です。

園内には、紫陽花を写真に撮る人、茶屋でお茶を飲みながら紫陽花を眺める人も多く、賑わっていました。

50種・2万株というだけあって、撮っても撮っても、また写真に撮りたい紫陽花が次から次へと目に飛び込んできます。

あまり見たことのない品種の紫陽花もあって、色だけではなく花の形も楽しむことができます。

一枚の写真の中に、どれだけの色、どれだけの形の紫陽花がおさまっていることか!

素晴らしいとしか言いようがありません。

紫陽花越しの三門が美しく見えます。

帰ったら、写真フォルダが紫陽花でいっぱいでした。おそらく、あじさい園に訪れた誰もがそうなること間違いないでしょう。

三室戸寺あじさい園公開情報とアクセス


京都府宇治市菟道滋賀谷21

京阪電車宇治線「三室戸駅」より徒歩約15分ほどです。

2021年の三室戸寺あじさい園公開は、6月1日~7月11日8:30~16:30まで行われます。

6月12日~27日までの土日は、19:00~21:00(受付20:30終了)の時間で、ライトアップが行われます。

ちなみに、三室戸寺の三門を抜けて本堂に上がる階段は、普段下の写真のような感じですが、

あじさい園公開に合わせて、模様替えされていています。

階段の半分に鉢植えの紫陽花で模様を描き並べられていて、フォトジェニックな撮影スポットとなっていました!

いかがでしたでしょうか?

三室戸寺あじさい園の紫陽花は、その数も色も形もたくさんあって圧巻でした!

花の寺三室戸寺では、4月からシャクナゲ、5月にはつつじ、そして6月にはあじさい、そして7月頃からは本堂前の250鉢の色とりどりの蓮の花が楽しめます。

秋には「三室戸の紅葉」と称せられるほど宇治の紅葉の名所として知られています。
花の寺の四季折々を楽しみに出かけてみてはいかがでしょう。

それでは、また。