まとめ・雑学 神社

平安神宮|神苑の6月無料公開日ごろには花菖蒲が見頃で超おすすめ!

京都の人気観光スポット平安神宮ですが、その奥に「神苑」名勝池泉回遊式の庭があるのをご存じですか?

平安神宮は拝観時間内参拝自由で拝観料はかかりませんが、その奥の神苑の見学には通常拝観料金が必要です。

ただし、年に2回だけ6月と9月に無料開放される日があります。

今回は、神苑の6月の開放日の頃に、ちょうど見頃を迎える花菖蒲をご紹介します。

神苑は花菖蒲の名所として有名なため、注目はされないのですが、実は神苑内では同じ頃、紫陽花(あじさい)や睡蓮(すいれん)も見頃を迎えますよ!

平安神宮「神苑」花菖蒲

社殿の裏にひろがる神苑は、7代目小川治兵衛が、1895年から20年の歳月をかけて作庭した東神苑、西神苑、南神苑、中神苑の4つの庭園からなる池泉回遊式庭園で、その広さはなんと33,000㎡!いつ訪れても広大で美しいお庭です。

四季折々の花を楽しめるのですが、花菖蒲は京都の中でも名所として有名です。

平安神宮「神苑」見ごろ時期と2023年6月無料公開日程

平安神宮の花菖蒲見ごろは、例年6月上旬頃から6月下旬頃です。

通常拝観料金が必要な神苑ですが、6月と9月の年2回無料開放される日があり、6月の無料開放日にはちょうど見頃の花菖蒲を見ることができます!

2023年無償開放日は、6月13日(火)8時30分からで、16時30分受付終了となっています。

ちなみに、2022年は6月7日(火)に無料公開が行われました。

年によって、無料公開日は変わりますので、お出かけの前にホームページ等でご確認くださいね!

神苑|花菖蒲の様子

花菖蒲が見られるのは、西神苑の白虎池の周辺です。

日本古来の品種が200種、約2000株の花菖蒲が植えられています。

鷺と花菖蒲のコラボも見られます。

池に写る花菖蒲のリフレクションも楽しめます。


神苑の見どころについては、下の記事で詳しくご紹介しています!

関連オススメ記事

神苑の6月無料公開日は「花菖蒲」だけじゃない!「紫陽花」と「睡蓮」も見頃

そう、題名通り、神苑の6月無料公開日あたりの頃に見ごろを迎えているのは、花菖蒲だけではありません。

南神苑に咲く紫陽花と、西神苑・中神苑に咲く睡蓮も見ごろの時期になっています。

イメージ

神苑の紫陽花の咲くエリアは小さく、南神苑にひっそり咲いていて、有名な名所ではありませんが、梅雨を彩ってくれる可愛い花を見るのは安らぎます。

紫陽花の見頃は、例年6月上旬から6月下旬で、こちらも花菖蒲と同じく、神苑の6月無料公開日には、見頃のころとなっています。

睡蓮は、長く楽しむことができる花です。

平安神宮の睡蓮の見頃は、例年5月中旬~9月上旬ごろです。

花菖蒲を楽しむことができる西神苑にも咲いているので、花菖蒲の見頃に訪れると、花菖蒲と睡蓮の美しい景色を楽しむことができます。

神苑の無料開放の日には、カメラを持った方が開園前からたくさん並んで待っているほど混雑します。

ですが、神苑は広大な敷地のため、混雑の割には「混雑していて撮影できない」というほどのことはありません。

遊歩道では、列になって進むことようなことにはなってしまいますが、人は程よく散らばり、混雑をあまり感じなくて済みます。

ただ、写真をゆっくり撮りたい方や、ゆっくりと自分のペースでお庭を散策したいと言う方は、通常時の神苑は無料開放日のような混み方はしないので、無料開放日を避け通常時の拝観をおススメします。

平安神宮アクセスと神苑基本情報


神苑|基本情報

3月15日~9月30日の期間
神苑拝観受付時間:8:30~17:30
神苑拝観受付場所:大極殿(正面の建物)左側
拝観料金:大人600円
HP:http://www.heianjingu.or.jp/shrine/garden.html
アクセス:最寄りは地下鉄東西線「東山」 徒歩約10分

※季節によって拝観受付時間が変わります。
上記以外の期間についてはHP等でご確認ください

平安神宮に訪れると、本殿を参拝して帰る方が多いとは思いますが、参拝だけで帰るのはもったいないです!

ぜひ、四季折々の景色を楽しめる美しい神苑も、拝観してみて下さいね!

関連オススメ記事

Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

3

正月飾りやお守り、お札などを燃やす火祭り行事「どんど焼き」 今回は、地域によっては「とんど」「左義長」とも呼ばれる「どんど焼き」の意味、地域による呼び方や内容の違いなど「どんど焼き」にまつわる豆知識を ...

4

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

5

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

6

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

7

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

8

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

9

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

10

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

11

福岡市博多区の「櫛田(くしだ)神社」、お櫛田さんと呼ばれ親しまれている博多の総鎮守です。 7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなど、多くのお祭りで賑わう神社です。 そんな櫛田神社の節分大祭は、巨大 ...

12

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

13

お正月三が日が過ぎ1月7日に食べる「七草粥」は、平安時代にはあったと言われています。 その風習は今も受け継がれ、スーパーに並んだ春の七草を買い求める姿も多く見かけます。 そんな七草粥ですが、京都伏見に ...

14

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

15

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

16

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

17

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて何度も訪れたくなる場所です。 市内には、観光スポットが点在していて、バスや電車を利用して各地を巡る観光客の方も多いのです。 京都の観光名所を巡るなら ...

-まとめ・雑学, 神社