そもそも神社とお寺って何が違うの?

未分類

こんにちは。

【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。

今日も、ポチポチと神社仏閣に関わる情報をお届けしていきます。

初詣や七五三祝いなど、日本には、神社とお寺の両方へ行くことが多いのですが、なんとなく違うとは思うけど、神社とお寺の違いって今ひとつハッキリ分からないという方おおいです。

そこで今日は、神社とお寺の大きく違う5つのポイントを解説します。

神社とお寺の違い

日本では、古来から山や川、草木石などの万物に魂が宿るとされ「八百万(やおよろず)の神」と言われる神々を崇拝してきました。神社は、その神々が宿る神聖な場所に、祭壇を設けたところから、発展していったものだと言われています。

ブッダが開祖で、五三八年に伝来した「仏教」の教えに基づいて建てられたのがお寺とされています。

では、早速その大きな違いを5つ見ていきましょう。

明日香寺 阿弥陀如来像 あすかでら あみだにょらいぞう

違いその1:信仰対象

【神社】神様

【寺】仏様

まずは、祀られている信仰の対象が、まったく違います。

神社には、日本古来から崇拝されてきた八百万(やおよろず)の神様が、祀られています。神様(ご神体)は、本殿という参拝者からは見えない場所に祀られているため、直接神様(ご神体)を見て拝むことはできません。

お寺には、お釈迦様や観音様などの仏様が、祀られています。基本的に仏像として祀られている仏様を見て拝むことができます。

違いその2:宗教

【神社】神道

【寺】仏教

信仰対象が違うということは、もちろん宗教も違います。

神社は神道で、神社にはいる神主(かんぬし)・宮司(ぐうじ)・巫女(みこ)は、神様にお仕えしています。

お寺は仏教で、お寺にいる「お坊さん」と呼ばれる、僧侶(そうりょ)・住職(じゅうしょく)・尼僧(あまそう)などは、お寺でお勤めや修行をしています。

違いその3:経典

【神社】ない

【寺】ある

宗教が違いますので、経典が違います。

神社には経典はありません。神社に行ってお祓いを受けるときなど「祝詞(のりと)」をあげていただきますが、この祝詞(のりと)は、経典ではありません。

祝詞(のりと)とは、祭典に奉仕する神職が神様に奏上する言葉のことで、霊力が宿り、口に出されることで、霊力が発揮されるほど強いものなのだそうです。

お寺は修行の場で、経典があります。仏教の経典は、非常に数がおおいことから「八万四千の法門(はちまんよんせんのほうもん)」と言われます。経典は、経蔵(きょうぞう)、律蔵(りつぞう)、論蔵(ろんぞう)という三つの内容に分けることができ、これらを三蔵(さんぞう)といいます。

日本に伝わっている経典のおおくは、大乗経典です。その中のひとつが「般若心経(はんにゃしんぎょう)」です。日本人にとって一番なじみのある経典ではないでしょうか。

違いその4:建物

平野神社ひらのじんじゃ

【神社】鳥居

【寺】門

その建物にも違いがあります。

ほとんどの神社には、その入り口に鳥居が建っていて狛犬が並んでいます。建物は宮大工により建築、補修されている日本古来の建築様式による木造も多く見られます。

寺は、入り口に山門や仁王門と呼ばれる門があります。鐘や塔を備えて、ご本尊、仏像などが公開されている場合がおおいです。

例外もありますので、注意してください。

以前、おまいりの漢字の違いについての記事でも触れましたが、神仏混合だった時代の名残で、今でも鳥居があるお寺や神社をお守りしているお寺も残っています。

違いその5:参拝方法

鞍馬寺 手水舎くらまでら ちょうずや

【神社】拍手する

【寺】拍手しない

この違いは、大きいですね。神社仏閣巡りをしていて、神社の後にお寺を参拝したときに、つい拍手を堂々としてしまい、周りの方に「えっ?」って顔をされた経験があります。

神社では、二礼・二拍手・一礼が基本です。

例外があります。たとえば、出雲大社や宇佐神宮では「二礼・四拍手・一礼」となります。

出雲大社では、5月14日に行われる例大祭では、四拍手がさらに増えて八拍手になります。もうこうなってくると、打ち間違ってしまう自信ありです。

それに対し、お寺では、拍手はせず静かに合掌をします。巡礼をされている方など、お堂前でお経を唱えられてから、お参りした証として納経帳に宝印(御朱印)を受けます。

まとめ

今日は、神社とお寺の違いについてお届けしました。

それでは、まとめです。

 神社   寺  
信仰対象   神様 仏様
宗教 神道 仏教
経典 なし あり
建物 鳥居 門
参拝方法 拍手 合掌

簡単な表にまとめてみましたが、必ずこうなっているというわけではない部分もあります。それぞれ時代の流れや地域などによる例外もあります。

神社やお寺を訪れたときにその違いをたのしんでみてはいかがでしょうか?

今日も、参考になれば幸いです。

それではまた。