寺院 雑学

四国八十八ヶ所霊場お遍路巡り「順打ち」「逆打ち」「乱れ打ち」

こんにちは。

【夫婦でおまいり】のHOKI & MIYUです。

今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けしていきます。

先日、巡礼についてお届けしまいたが、

今日は日本の巡礼の中でも最も有名な「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。

「四国八十八ヶ所霊場巡礼」どんな順番で巡ってもいい?

今から1200年以上前、弘法大師『空海』が開いた霊場が四国霊場です。四国に点在する弘法大師ゆかりの札所八十八ヶ所を巡礼することで、煩悩が消え願いが叶うといわれています。

1番から88番まで札所(ふだしょ)と呼ばれる参拝するお寺があり、1番札所、2番札所という呼び方をします。また、お遍路さんが札所を巡礼することを「打つ」と言い、「1番札所を打つ」「2番札所を打つ」という言い方をします。

「打つ」という言い方をするのようになった由来は、昔お遍路さんが札所に着くと、木製や金属製の札を境内にある本堂や大師堂の柱に打ち付けていた習慣があったからだと言われています。現在は、参拝すると、名前や出身地を書き込んだ納札(おさめふだ)をお寺に納めますが、これは昔お札を打ち付けていた名残なのだそうです。

四国八十八ヶ所霊場には、1番札所から88番札所まで札所に番号が決められていますが、巡礼する順番もこの順番でなければいけないかと言うと、そうではありません。

実は、お遍路には決められたルールはなく、何番から出発して何番で終了しても良いことになっています。四国八十八ヶ所霊場のすべてを巡礼が終わり、最後に弘法大師が入定した高野山の奥ノ院に御礼参りに行きます。

順番にルールはありませんが、

「順打ち」「逆打ち」「乱れ打ち」などと呼ばれる巡礼の仕方があります。そのほかにも色々ありますよ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

太山寺たいさんじ

順打ち

1番から88番まで各札所に番号が決められています。

この札所の順番通りに 1番から88番まで巡拝することを「順打ち」と呼びます。まさに順番に打っていく巡り方です。

この順打ちが一番一般的な巡礼の順で、1番札所のある徳島県から始まり、高知県に入り、愛媛県、そして最後に香川県と、時計回りで四国八十八ヶ所を巡礼するのが「順打ち」になります。

逆打ち

札所の順に打っていくのが順打ちだったことを考えると、察しがつくのではないかと思いますが、札所番号を逆の88番から1番へと巡拝することを「逆打ち」と呼びます。

88番札所がある香川県から始め、愛媛県に入り、高知県、そして最後は1番札所のある徳島県と、反時計回りに四国八十八ヶ所を巡礼するのが「逆打ち」になります。

逆打ちは、遍路道(へんろみち)が順打ちに比べて歩きにくく、厳しい道のりのため、功徳が大きいと言われています。特に4年に1度の閏年(うるうどし)に逆打ちで巡礼すると、通常よりも3倍の功徳を積むことができると言われているため、逆打ちを選ぶお遍路さんが多くなります。

逆にめぐると3倍の功徳がある閏年4年に一度の「逆打ち」ですが、なぜそう言われるようになったのでしょう?

天長年間、伊予の国(愛媛県)の長者だった河野衛門三郎が、自分の悪行の許しを請うために、弘法大師の後を追ってお遍路を始めたのですが、20回めぐっても弘法大使に会うことができません。そこで、21回目に「逆打ち」を思いつき、12番札所の焼山寺でついに弘法大師あい、すべてを許されたのだそうです。この河野衛門三郎が「逆打ち」を始めたのが閏年(うるうどし)だったことから、3倍の功徳があると言われるようになったそうです。

乱れ打ち・通し打ち・区切り打ち・一国打ち

乱れ打ちと呼ばれるのは、札所の順番を気せず巡礼することです。

通し打ちは、四国八十八ヶ所の札所すべてを一気に巡礼します。

区切り打ちは、八十八ヶ所の札所を何回かに分けて巡礼することです。

一国打ちは、四国各県に分けて巡礼します。

善通寺ぜんつうじ

まとめ

今日は、「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番についてお届けしました。

それでは、まとめです。

● お遍路には決められたルールはなく、何番から出発して何番で終了しても良い

● 弘法大師が入定した高野山の奥ノ院に御礼参りに行く

巡り方の呼び名

順打ち:札所の番号順に巡礼

逆打ち:札所の番号を逆から巡礼

乱れ打ち:札所の順に関係なく巡礼

通し打ち:八十八ヶ所の札所すべてを一気に巡礼

区切り打ち:何回かに分けて巡礼

一国打ち:四国各県に分けて巡礼

八十八ヶ所ですが、徳島県には、1番札所から23番札所までの23ヶ寺があります。

そして、高知県には、24番から39番までの16ヶ寺、つぎに愛媛県の40番から65番の26ヶ寺、そして香川県の66番から88番の23ヶ寺となっています。

ちなみに、弘法大師が悟りを開き「空海」と改名されたと伝わる洞窟【御厨人窟(みくろど)】は、高知県の室戸岬から車で10分の場所にあります。是非立ち寄って、洞窟から、弘法大師空海が見たであろう「空と海」を眺めてみてください。

いかがでしたでしょうか?

今日も参考になれば幸いです。

では、また。

-寺院, 雑学