寺院

美しい紅葉のトンネルの参道を抜けて自然豊かな境内へ|京都・光悦寺

京都には紅葉を楽しめるスポットが、数多くありますが、京都北区にある「光悦寺(こうえつじ)」も、青もみじや紅葉の時期には、多くの人が訪れる紅葉の名所です。

今回は、歴史的風土特別保存地区に指定され、美しい景観と歴史を感じる「光悦寺(こうえつじ)」の見どころやアクセス方法をご紹介します。

光悦寺(こうえつじ)とは

「光悦寺」は江戸時代の芸術家・本阿弥光悦のゆかりのお寺です。

本阿弥光悦が、1615年に徳川家康によって与えられたこの場所に草庵を結んだのが、光悦寺のまりと言われています。

文化人で、琳派の創始者である光悦は、この場所に一族や芸術仲間たちと移り住んで芸術村を築き、数々の芸術作品が生まれたのだそうです。

そして、その場所に寺が創建されたのは、光悦の死後のことでした。

光悦寺の見どころ

光悦寺のある鷹峰は、紅葉の名所として知られています。

そしてまた、光悦寺の境内も鮮やかな色に染まります。

そんな光悦寺の見どころをご紹介します。

夏は“青もみじ”・“紅葉”のトンネルを抜けて参拝

光悦寺の小さな門をくぐると、細い参道の両側には楓、もみじのトンネルが続きます。

夏の時期には、青々として眩しい“青もみじ”の爽やかな道ができ、

そして秋には、真っ赤に染まった鮮やかな参道を楽しめます。

見事に紅く染まった紅葉を堪能できる見頃の時期は、例年11月中旬から下旬にかけてです。

※参道の撮影は禁止となっています。

7つの茶室と自然豊かな庭

光悦寺は、歴史的風土特別保存地区に選定されて、静かで自然に溢れています。

光悦寺の自然豊かな庭園には、大虚庵、三巴亭、了寂軒、徳友庵、本阿弥庵、騎牛庵、自得庵と呼ばれる7つの茶室があります。

「大虚庵(だいきょあん)」は、本阿弥光悦が晩年過ごしたとされる草庵の名前が付けられています。


また、「三巴亭(さんばてい)」には、光悦の木像が安置されているそうです。

こちらは「了寂軒(りょうじゃくけん)」です。

「徳友庵(とくゆうあん)」は、本阿弥光悦の号である「徳友斎」から名づけられています。

こちらは「本阿弥庵(ほんあみあん)」です。

光悦寺からは、鷹峰三山と言われる鷹ケ峰、鷲ケ峰、天ケ峰を望めます。

本阿弥庵や徳友庵などの茶室の付近からの鷹峰三山の眺めは、本当に美しいです。

光悦寺は、全体的に迷路のようなお庭に茶室が点在する不思議な雰囲気のお寺で、自然も含め美しい景色を楽しめる寺院でした。

光悦垣(こうえつじがき)

光悦寺の茶室の周りにある垣根は、光悦垣(こうえつじがき)と呼ばれています。

光悦垣は、竹が菱形の模様に組まれていて、今ではいろいろな場所で見られますが、光悦寺の垣根が起原と云われています。

竹を使った垣根が美しく、茶室やまわりの緑と織りなす独特の光景が、絶妙に調和し美しさを演出しています。

【光悦寺】アクセス基本情報


【光悦寺】基本情報

住所:京都府京都市北区鷹峯光悦町29
電話:0754911399
拝観時間:8:00~16:30(紅葉時8:30~16:30)
拝観料金:通常400円(紅葉時500円)
アクセス:市バス「源光庵前」下車徒歩約3分

※2023/5時点

光悦寺の最寄り駅は、地下鉄烏丸線 「北大路駅」です。

ただし、最寄りの北大路駅からまだ3kmほどあるので、歩くのは厳しいくバス必須になります。

京都駅からのアクセスは、市バス9系統に乗車「上堀川」で、北1系統のバスに乗り換えて「源光庵前」で下車すると、そこから徒歩3分ほどです。

駐車場はありますが、時期によって有料になったり、使用できない場合があるのでご注意ください!

Pickup

1

2024(令和6)年は、十二支の五番目の辰年です。 ちなみに、干支の中で「辰」だけが架空の動物なんですよ。 そんな「辰(龍)」は、中国では権力の象徴で縁起のよい生き物とされて、日本でも龍にまつわる神社 ...

2

今では全国各地で行われている「七福神巡礼」ですが、実は京都が発祥の地と言われていて、古くから⾏われていました。 特に新春に巡拝すると「七難即滅、七福即⽣極まりなし」といわれ、功徳が⼤きいとされています ...

3

正月飾りやお守り、お札などを燃やす火祭り行事「どんど焼き」 今回は、地域によっては「とんど」「左義長」とも呼ばれる「どんど焼き」の意味、地域による呼び方や内容の違いなど「どんど焼き」にまつわる豆知識を ...

4

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

5

“龍”といえば、水を司る神さまとして崇められてきた歴史があるため、龍神様を祀る神社を思い浮かべる方も多いと思います。 また、仏教では龍が守り神と言われ、お寺では古くから襖や天井に“龍”が描かれ大切に守 ...

6

金色に輝き住宅街でかなり目立つ鳥居をくぐって参拝する「御金(みかね)神社」 京都で最強とも言われる金運パワースポットとして有名な神社です。 金運UPを願う参拝者が多く、境内にはお金にまつわる願いが書か ...

7

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

8

京都の有名観光スポットの一つ「八坂神社」京都の祇園を守り続けてきた神社です。 八坂神社は、街のシンボル的存在でもあり「祇園さん」という呼ばれ親しまれています。 とくに縁結びと美容にご利益があると言われ ...

9

神奈川県に、全国で唯一八方除(はっぽうよけ)の御神徳があると言われている神社があります。 初詣には、三が日で約50万人が訪れる寒川神社は、参拝者が後を絶たない人気の神社です。 今回は、寒川神社の見どこ ...

10

東京都港区赤坂に鎮座する「赤坂氷川神社」は、東京十社の1つで、約一千年の歴史を持つ神社です。 厄除けのご利益や特に「縁結び効果絶大!」と、良縁を祈願する女子の聖地にもなっています。 今回は、そんな赤坂 ...

11

福岡市博多区の「櫛田(くしだ)神社」、お櫛田さんと呼ばれ親しまれている博多の総鎮守です。 7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなど、多くのお祭りで賑わう神社です。 そんな櫛田神社の節分大祭は、巨大 ...

12

神戸の繁華街、三宮駅からすぐの場所に鎮座する生田神社。 縁結びのパワースポットとしても有名な生田神社を囲むように「一宮」から「八宮」までの数字がついた神社が鎮座しているのをご存じでしょうか? この一宮 ...

13

お正月三が日が過ぎ1月7日に食べる「七草粥」は、平安時代にはあったと言われています。 その風習は今も受け継がれ、スーパーに並んだ春の七草を買い求める姿も多く見かけます。 そんな七草粥ですが、京都伏見に ...

14

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

15

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

16

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

17

全国に約900社ある愛宕神社(あたごじんじゃ) その総本社は、京都の愛宕山の山頂に鎮座しています。 標高924mの山頂に鎮座しているため、いつか参拝したいと思いつつ、なかなか訪れることができなかった京 ...

18

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

19

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて訪れたら、あちこち行きたくてどこに行こうか迷いますよね。 点在する観光スポットを巡る時に、バスや電車を利用する方も多いのですが、もうひとつ便利な交通 ...

20

国内外を問わず、多くの人に人気の京都は、名所も多くて何度も訪れたくなる場所です。 市内には、観光スポットが点在していて、バスや電車を利用して各地を巡る観光客の方も多いのです。 京都の観光名所を巡るなら ...

-寺院