神社

美を求める女性参拝必須!美のパワースポット八坂神社「美御前社」

京都にはパワースポットと言われる場所がたくさんありますが、美人・美肌になれる「美のパワースポット」と呼ばれる場所があるんです!

それが、祇園祭で有名な八坂神社の境内に鎮座している「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」です。

聞くだけで、美しくなる気がしてくるいい名前の神社ですよね!

今回は、京都の美のパワースポット「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」をご紹介します。

美のパワースポットと呼ばれる神社、そんな嬉しい神社がどこにあるのかと思いきや、京都の中でも有名な観光スポットとなっている八坂神社の境内にありました!

八坂神社は、京都の繁華街のひとつ四条通にあるためアクセスも抜群です!

行きにくい場所なら、美人になるのあきらめるかもというレベルの人でも、観光のついでに美人祈願ができると言う素晴らしさ!

美御前社の参拝をして身も心も美しく!美を求める世の女性に「美容水」「お守り」「絵馬」で美人祈願の方法もご紹介しますよ!

京美人も通う美容の神「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」

美御前社には、「宗像三女神(むなかたさんじょしん)」と呼ばれる3人の女神様がお祀りされています。

✿ 宗像三女神(むなかたさんじょしん)✿

長女:多岐理比売命(たぎりびめのみこと)
次女:多岐津比売命(たぎつひめのみこと)
三女:市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

この宗像三女神は、海上安全、交通安全のほか、財福、芸能、美貌の神としての信仰があることで知られています。中でも、三女の市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)は、特に美しいと言われていて、美容の神様として有名です。

容姿端麗な美しい神様をお祀りしていることから、美容や化粧品関係の方などからの信仰を集めています。

八坂神社の近くには、先斗町・宮川町・祇園東・祇園甲部などの花街があるため、舞妓さんや芸妓さんがお詣りする姿もよく見かけますよ!

美だけではなく、芸能や財福の神様でもある宗像三女神が祀られている美御前社に、舞妓さんや芸妓さんがお詣りするのも納得ですね。

八坂神社「美御前社」参拝したら絶対やるべき3つのこと

せっかく八坂神社の美のパワースポットに参拝をしたら、さらに美を追い求めてやって欲しい美人祈願を3つご紹介します!

身も心も美しく「美容水」

美御前社の前にあるのが「美容水」です。

石碑には「身も心も美しく」と刻まれています。

美容水は、お肌の健康を守ってくれるだけでなく、心も美しく磨いてくれるご神水です。

飲むのかと思いきや、飲料水ではありません。

飲まないように気を付けてください!

この美容水で、どのように身も心も美しく磨くのかと言うと、美容水を手で受け、その水をお肌に2~3滴つけるのです。

参拝している方は、女性に限らず男性も、皆こぞってお肌につけていました。

男女関係なく、みんな身も心も美しくありたいですよね!

ちなみに、美御前社のちかくの大神宮社(だいじんぐうしゃ)の前に「祗園の御神水」と書かれた水場があります。

昔から八坂神社本殿の下に竜穴と呼ばれる井戸があるという言い伝えがあり、この水はその井戸から来ていると信じられています。

別名「力水」と呼ばれている、この水を飲むと大地のパワーが得られるとされているのですが、こちらも注意書きには「飲用ではありません」と書かれているので、決して飲まないように!

「祗園の御神水」でお清めをしてから、美御前社に参拝してくださいね。

美人祈願絵馬

八坂神社の社務所では美の祈願のための絵馬を授与頂けます。初穂料500円です。

美の神様とされる美御前社が描かれている絵馬で、身も心も美しくあるように願い込めて絵馬に祈願した後は、美御前社の社の右側に絵馬奉納所があるので、こちらに奉納しましょう!

美守・澪守

そして毎日、身も心も美しく心がける手助けをしていただくためのお守りもあります。

かわいい丸い形の「美守」は、身も心も美しくあるように祈願したお守りで、ピンクがかった薄紫と水色の2種類から選べます。

また、見た目も清らかで美しい「澪守」は、美御前社の美容水のように邪気を洗い清め、心を美しい気で満たし前向きにしてくれるお守りです。

どちらも、社務所で初穂料1,000円で授与頂けます。

美御前社アクセス

住所:京都府京都市東山区祇園町北側625(八坂神社境内)
HP:http://yasaka-jinja.or.jp/
アクセス:京阪電車「祇園四条」駅より徒歩約5分、阪急電鉄「京都河原町」駅より徒歩約8分

美御前社は、八坂神社の境内にあります。

まずは、八坂神社を目指しましょう。

祇園四条駅・京都河原町駅方面から行く方は、「西楼門」から八坂神社境内に入ることになります。美御前社は八坂神社境内の東の端にあるので、まずは本殿を目指し、本殿でおまいりをしたら、右手に美御前社があります。

「清水寺」や「八坂の塔」、そのすぐ側のカラフル可愛いスポット「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」などを観光して、八坂神社に向かう場合は、石鳥居を抜けて「南楼門」から境内に入ることになると思います。

南楼門から境内に入った場合は、目の前に舞殿、その奥に本殿ですよ!


良縁を結ぶ神様が祀らている「大国主社」、美の三女神様が祀られる「美御前社」、どちらも小さなお社ですが、女性に人気のスポットとなっています。京都観光の際にぜひ参拝してみてはいかがでしょうか。

あわせて参拝したいスポット

Pickup

1

京都には、パワースポットがたくさんあります。 そんな中から今回は、縁結び&恋愛成就パワースポットと言われる神社を8社厳選してご紹介します。 ご紹介する神社はどれも、京都を堪能できる場所にありますよ! ...

2

城南宮は、北野天満宮と並ぶ京都の梅の二大名所として有名です。 境内には150本のしだれ梅と300本の椿があり、京都でいち早く春の訪れを感じられる梅の名所です。 しだれ梅の見ごろの時期には、一面に咲き乱 ...

3

1994年に世界遺産に登録された京都の醍醐寺(だいごじ)は、国宝や国の重要文化財が数多くあり、見どころの多い寺院です。 また、平安時代から「花の醍醐」と言われ、豊臣秀吉が花見をしたことでも知られる京都 ...

4

平等院鳳凰堂(びょうどういんほうおうどう)は、京都府宇治市にある浄土宗の寺院で、日本国内外から多くの観光客に訪れる名勝・重要文化財の建築物です。 平等院鳳凰堂は、1994年に世界遺産に登録され、世界中 ...

5

2023年は卯年です。 干支にちなんだ神社仏閣に参拝して開運祈願めぐりをしてみてはいかがでしょうか? 今日は、京都の卯年とゆかりの深い神社・寺院の中から厳選した5社寺をご紹介します! ちょっと残念なお ...

6

京都のお土産の定番のひとつ「阿闍梨餅(あじゃりもち)」、 今では、全国の百貨店やお取り寄せもできる人気の和菓子ですが、阿闍梨餅は和菓子の名前で、お店の名前ではないのをご存知ですか? 今回は、京都の「満 ...

7

私が御朱印をいただきだした頃は、御朱印はそんなに世に知れ渡っている存在ではありませんでした。 今は、どこに行っても必ず自分たち以外にも、御朱印をいただく参拝者の方に出会います。 すっごく若い方や外国か ...

8

お寺や神社、お墓へ行き拝んだりお祈りすることを「おまいり」といいますね。 この「おまいり」を漢字で書くと、「お参り」と「お詣り」の二通りの書き方があります。 字は違うけど、何が違うのか良くわからないと ...

9

弘法大師の霊場を辿る四国八十八か所のお遍路は、日本の中でも最も有名な巡礼となっています。 今回は、全行程1,450キロメートルある「四国八十八ヶ所霊場巡拝」のまわり方、順番について、解説していきます。 ...

10

こんにちは。 【夫婦でお参り】のHOKI & MIYUです。 今日もポチポチと、神社仏閣に関わる情報をお届けします。 いつもご紹介している神社仏閣とは、ちょっと雰囲気の違う関帝廟(かんていびょう)につ ...

-神社